中古車をネットで転売するのに古物商許可が必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

中古車をネットで転売する場合、それがビジネスとしての転売であれば古物商許可が必要です。

古物商許可がいるかどうか、ということとネットの転売かどうかは関係がないので注意しましょう。

もし、無許可で中古車を転売すると、取り返しがつかないことになるおそれがあります。

今回は、中古車のネット転売について詳しく説明をします。

中古車のネット転売にも古物商許可が必要です

ビジネスとして、中古車のネット転売をする場合、古物商許可が必要です。

古物商許可は、中古品をビジネス目的で転売する場合に必要となる資格だからです。

古物商許可が必要かどうかの判断で重要なのは「ビジネス目的かどうか」です。

ネットを使った転売か、店舗での転売かということは関係がありません。

たまにネットなどで、

ネットを使った転売だったら古物商許可はいらない

という無責任な書き込みを目にすることがあります。

ですが、これは完全に誤った情報です。

後から詳しく説明しますが、無許可営業には重い罰則が科せられます。

ネットの情報を安易に信用しないように注意しましょう。

ここのブログもネットの情報だけど大丈夫なの?

このブログは、専門家の先生にきちんと監修してもらってるから信用して大丈夫よ

古物商許可が必要な「転売ビジネス」とは?

中古車をネットで転売する場合、それが「転売ビジネス」にあたるのであれば、古物商許可が必要です。

ここでいう転売ビジネスとは、転売する目的で中古車を仕入れることをいいます。

要するに、

  • ネットで転売する目的で直接ディーラーから中古車を買い取る
  • 海外に輸出する目的でフリマアプリで一般人から中古車を仕入れる
  • ネットで転売するため、ネットオークションで中古車を仕入れる

これらのケースはすべて「転売ビジネス」に該当するため古物商許可が必要です。

逆に、転売ビジネスにあたらなければ、中古車の転売でも古物商許可は必要ありません。

例えば、

  • 長年愛用してきた車が不要になったのでヤフオクに出品する
  • 家族からタダでもらった中古車をメルカリに出品する

これらのケースでは、転売ビジネスに当たらないため、古物商許可は必要ありません。

要するに、不用品の処分や無料でもらった物を転売する場合、古物商許可はいらないんだね

転売ビジネスかどうかは警察が判断します

ネットで中古車の転売ビジネスをするには古物商許可が必要です。

ここでいう転売ビジネスとは、中古車を転売目的で仕入れることをいいます。

そして、転売目的で仕入れたかどうかは、無許可営業を取り締まっている警察が判断します

中には、「不用品を売っただけでビジネスとしての転売じゃない」という言い訳が通用すると思っている人がいるかもしれません。

ですが、残念ながらそれは無駄です。

警察は、無許可営業の疑いがある場合、過去の取引記録などをすべて調査して、転売目的があったかどうかを判断します。

もし警察に無許可営業と判断された場合、下手な言い訳は一切通用しません。

ビジネスとして中古車の転売をするのであれば、事前に必ず古物商許可を取得するべきね

無許可営業には重い罰則

古物商許可を取らずに、ネットで中古車の転売ビジネスをすることを無許可営業といいます。

無許可営業を続けると、古物営業法違反として警察に逮捕されます

その場合、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」というとても重い罰則が科せられます。

また、処罰後、5年間は古物商許可を取ることができないというペナルティも受けることとなります。

気になる方は、管轄の警察署や専門家などに相談をして、なるべく早く古物商許可を取得しましょう。

最近、転売ビジネスが人気になるにつれ、無許可営業で逮捕される事件も増えているみたいだね

いくら転売で儲かっても、警察に逮捕されてしまっては意味がないわね

古物商許可の取得は行政書士に依頼しましょう

ビジネスとして中古車をネットで転売する場合、古物商許可が必要です。

古物商許可の取得は、自分でもできますが、おすすめは行政書士に依頼をする方法です。

なぜなら、その方が圧倒的に簡単で効率的だからです。

古物商許可の申請手続きはとても複雑で面倒です。

自分で申請をすると必ずといっていいほどミスをします。

古物商許可の申請手続きはルールが厳しく、ミスが1つでもあると申請は受け付けてもらえません。

そのため、何度も何度もやり直しになってしまうのです。

その点、行政書士に依頼をすれば、書類作成のプロがあなたの代わりに最短で許可を取ってくれます

依頼者は、面倒な手続きに追われることなく、自分のビジネスに集中できるので、とてもおすすめです。

でも、タダってわけじゃないよね?

古物商許可の申請だと、だいたい4万円~6万円の報酬が必要よ。自分で申請をする場合にかかる手間や労力を考えてどっちが得かしっかり検討するべきね

中古車転売の特徴

中古車は他の商品と比べて価格が高く、1回の転売で大きな利益が期待できる商品です。

皆さんの中にも、中古車転売に興味のある方が多いのではないでしょうか?

そこで、中古車転売の特徴についていくつかご紹介します。

中古車転売は回転率が勝負

中古車には、回転率が勝負です。

自動車は仕入れた瞬間から価値が目減りしていきます。

当然ですが、年式が新しい・走行距離が短い方が価値は高いです。

仕入れても販売できなければ不良在庫です。

オークションなどを活用して回転させることができるかが勝負となるでしょう。

送料や駐車場代など初期費用が必要です

中古車転売は、他のジャンルと比べて初期費用が大きくなりやすいので注意してください。

中古車を仕入れるとき、多くの場合、送料は購入者側が負担することになります。

近場で仕入れられるのであればよいですが、距離があると送料はバカになりません。

また、当然ですが、中古車を保管するためには駐車場代が必要です。

地方であれば、月に数千円程度ですみますが、都心や駅前では数万円以上の駐車場代が必要になるかもしれません。

あらかじめ、駐車場代についてしっかりと調査しておくことが重要です。

海外への輸出も視野に入れましょう

これから中古車転売を始めるのであれば、海外への輸出も視野にいれるべきです。

日本の国産車は、海外で品質や安全性について高く評価されています。

また、国内では買い手が見つからないような、年式の古い中古車や状態の悪い中古車でも、海外ではまだまだ需要があります。

国内で安く仕入れた中古車を海外で転売すれば、安定した利益が期待できます

さらに、海外向けに中古車転売をしている人は、まだあまりいないので、ライバルが少ないというメリットもあります。

言葉の壁や、転売ルートの確保などハードルは高いですが、挑戦する価値はあるといえます。

中古車をネットで転売するのに古物商許可が必要? まとめ

中古車をネットで転売する場合、それがビジネス目的であれば古物商許可が必要です。

古物商許可は中古品の転売ビジネスをするときに必要となるからです。

ネット取引かどうかは関係がありません。

もし、無許可で中古車転売を続けると、無許可営業として警察に逮捕される可能性があります。

これから中古車転売を始めようと思っている方は、行政書士に依頼するなどして、必ず事前に古物商許可を取得しましょう。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。