【徹底解説】せどりって違法?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

せどりって違法なの?

せどりは違法じゃない。ただ、中古品のせどりだと、許可を取らないと違法になるぞ。

せどりは、違法ではありません。

ただし、中古品のせどりを行う場合、古物商許可を取らないと違法になります

そもそも、古物商許可とは何でしょうか。

せどりと、古物商許可について、徹底解説します。

せどり自体は違法ではない

せどりは、副業やお小遣い稼ぎに最適な、誰でも気軽にできる転売ビジネスです。

やり方は、いたってシンプルです。

商品を仕入れて、それを仕入れたときより高く転売して、差額でお金を稼ぎます。

せどりに、店舗などは必要ありません。

インターネット環境さえあれば、自宅に居ながらでも始められます。

ネットショップで買ってきたものに、利益を上乗せして、ネットショップで売ればいいんじゃ。

せどりをすることは、違法ではありません。

誰でも好きなように、せどりをしてかまいません。

じゃぁ、なんで、『せどりは違法』って、時々、聞くんだろう?

せどりは、大きく、中古品のせどりと、新品のせどりに分けられます。

仕入れる商品が中古品か、新品かという違いだけで、やり方は同じです。

ただ、2つのせどりには、大事な違いが、もう一つあります。

中古品のせどりの場合、古物商許可という許可が必要だということです。

新品のせどりは、許可がなくても始められますが、中古品のせどりは、古物商許可を取らないと違法になります

だから、『せどりは違法』って言われるのか!

次の章で、古物商許可のことを、もっと詳しく知ってもらおう。

中古品のせどりに必要な古物商許可とは?

中古品のせどりは、古物商許可を取らないと違法になります

そもそも、古物商許可とは何でしょうか。

古物商許可について解説しましょう。

中古品を転売する商売に必要な許可

古物商許可とは、中古品を転売目的で仕入れるために必要な許可です。

中古品のせどりには、中古品を転売目的で仕入れる作業がともなうので、当然、古物商許可が必要となります。

仕入れる』という表現からも分かるように、古物商許可は、中古品を転売する商売に必要な許可です。

なので、商売ではない転売に、古物商許可は必要ありません

商売ではない転売とは、例えば、このような転売です。

  • 家にある不要品を転売する
  • もらったものを転売する

誰でも、いらないものをリサイクルショップや、ネットオークションで転売できるじゃろ。

そっか~。そういう転売なら許可がなくてもいいんだね。

インターネットを使った転売ビジネスにも古物商許可が必要

古物商許可は、従来、リサイクルショップや中古車屋など、転売ビジネスのお店を営業するときに取る許可でした。

昔は、インターネットなんて無かったからな。今のようなせどりはできなかった。

店舗を持たずにできる転売ビジネス、せどりにも、古物商許可は必要です

古物商許可は、今でも一般的には、リサイクルショップなどが取る許可だという認識が強く、中古品のせどりにも必要だということを知らない人も多いです。

だから情報が錯綜するのかぁ~。

中古品を転売目的で仕入れるだけでも古物商許可が必要

古物商許可が必要になるタイミングは、割と誤解されています。

中古品を転売するときに、古物商許可が必要だと思っている人が多いですが、正しくは、中古品を転売目的で仕入れるときに、古物商許可が必要になります。

つまり、古物商許可を取っていない人は、中古品を転売目的で仕入れるだけでも、違法となるということです。

転売しなくても違法になることがあるんだ!

無許可はいつかバレる

古物商許可を取っていない人は、中古品を転売目的で仕入れるだけでも、逮捕される可能性があります。

ただ、実際、中古品を転売目的で仕入れるだけで逮捕されるということは、ほぼ、ありません。

中古品を買った人が、転売目的で買ったのか、それ以外の理由で買ったのかは、買った人に聞かないと分かりません。

そんな聞き取りを、いちいち行うのは手間がかかりますし、たとえ聞いたとしても、ウソをつかれたら意味がありません。

警察もそこまでして捜査しないか。

バレないだろうと思って、古物商許可を取らずに、中古品のせどりを続けている人は、少なからずいます。

でも、いつかはバレます。

警察は、日々、ネットショップの利用者をチェックしています。

例えば、次のような利用者は、警察に目をつけられやすいです。

  • 短期間に何度も出品している
  • 同じ商品を一度にたくさん買っている

短期間に何度も出品するのは、不要品の処分と考えるより、せどりをしていると考えるのが妥当でしょう。

また、同じ商品を一度にたくさん買う行為は、自分で使うなどの理由で買ったと考えるより、せどりの仕入れと考えるのが妥当でしょう。

警察に目をつけられた利用者は、古物商許可を取っているのかを調べられます。

もし、無許可だということが判明すれば、逮捕される可能性があります。

そんな手がかりからバレることもあるのか~。

無許可で中古品のせどりを行った場合の罰則

無許可でせどりを行うと、逮捕される可能性があります。

最悪の場合、罰則が課せられることもあり、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が、科せられる可能性があります。

それは大変だ~!

せどりは、コソコソして逮捕されるより、はじめから古物商許可を取って堂々とやればいい。

古物商許可をきちんと取っていれば、中古品のせどりを、どれだけやっても違法ではありません。

中古品のせどりを行う上で、古物商許可を取ることがデメリットになることはありません

中古品のせどりを始めたい方は、必ず、古物商許可を取りましょう

新品のせどりを行うときの注意点

新品のせどりには、古物商許可は不要だと先述しました。

ただ、一般的な感覚の『新品』と、法律上の『新品』は、解釈が異なります。

そのため、新品を仕入れているつもりでも、実は、中古品を仕入れているということが、起こり得ます。

古物商許可を取るのが面倒だからと、商品を新品にしぼって、せどりを行う人もいるでしょう。

法律上の新品の解釈を知らないと、気づかずに中古品を仕入れていて、結果的に無許可で違法となる可能性もあります

それは怖いなー。法律上の新品って、一体どんな解釈なの?

法律では、『もの自体が新品であっても、一度でも取引されているものは中古品』と、定めています。

例えば、Aさんが、家電量販店で新品のパソコンを買ったとします。

そのパソコンを、箱も開けていない未使用の状態で、ネットオークションに出品したとします。

この転売は、法律的に見ても、新品の転売です。

なので、Aさんに古物商許可は不要です。

Aさんが出品したパソコンを、Bさんが落札して、箱も開けていない未使用の状態で、ネットオークションに出品したとします。

一般的な感覚だと、Bさんの転売は新品の転売に思えますが、法律的には、中古品の転売になります。

パソコン自体は新品ですが、Aさんが家電量販店で買った(取引した)ものなので、法律的には中古品となるわけです。

なので、Bさんが例の取引を行うには、古物商許可が必要です。

これは、普通、分からないよ~。

ちなみに、例のパソコンのような商品は、通称、新古品と呼ばれている。

新品の仕入れは、小売店や問屋から直接、買う場合にだけできることです。

なので、ネットオークションで、新品のせどりの仕入れを行うのは不可能です。

Amazonなどのオンラインモールなら、メーカー直営のアカウントなどから買えば、新品の仕入れもできます。

ただ、個人出品者からは、新品の仕入れはできません

個人が、『新品』と表示して出品する商品は、よっぽど特殊な例でない限り、新古品だからです。

オンラインモールでは、個人出品者の見極めも大事です。

オンラインストアは、個人でも『◯◯ストア』、『◯◯商店』といった屋号を名乗ることができます。

出品者の名前だけで、小売店のアカウントだと安易に判断すると、実は、個人だということもあり得ます。

せどりの仕入れを新品にしぼるのって、結構、難しいんだね。

新品のせどりで稼ぐのは難しい!?

新品のせどりは、許可を取らずにできるというメリットがありますが、稼げる商品を見つけるのが難しいです。

せどりは、仕入れた商品に、利益を上乗せして転売する商売です。

それを成功させるには、商品を定価より安く仕入れることが求められます。

中古品を定価より安く仕入れることは、簡単ですが、新品を定価より安く仕入れることは、なかなか難しいです。

ですが、新品のせどりをやっている人は、たくさんいます。

新品のせどりでも、ノウハウを覚えれば、しっかり稼ぐことができます

商品のジャンルによって、新品のせどりと、中古品のせどりを使い分ける稼ぎ方もあります。

せどりを始めてみたい方は、いろんな方法をためしてみて、自分に合った方法を見つけるといいでしょう。

古物商許可を取るとき、行政書士に頼むと便利

古物商許可のことが、だいぶ分かってきたぞ。古物商許可の取り方も知りたいな。

古物商許可を取るには、決められた要件をすべて満たしている必要があります

でも、要件を満たすことは、それほど難しいことではないです。

要件を満たしていれば、書類をそろえて、警察署に申請して、審査に通れば、古物商許可が取れます

そろえる書類のほとんどは、要件を満たしていることを証明する書類です。

要件を満たすことは大したことない。それを書類で証明することが、難しいんじゃ。

どんな要件も、すべて書類で証明しなければいけません

使う書類は、一般的に馴染みの薄いものばかりなので、どんな書類が必要なのかを理解するのは大変です。

また、書類を手に入れるには、役所や法務局などに出向く必要があるので、日中、働いている人には難しい作業です。

頭がパンクしちゃうよ~!

そんな人のために、便利な方法もあるから、安心するんじゃ。

行政書士という、便利な専門家がいます。

  • 古物商許可の取り方が分からなくて困っている
  • 古物商許可を取りたいけど忙しい
  • できるだけ早く古物商許可を取りたい

そんな悩みを解決するのが、行政書士の仕事です。

行政書士は、古物商許可を取りたい人に代わって、申請に必要な作業をやってくれます

頼んだ側ですることは特になく、行政書士に任せていれば古物商許可を取れます

これは!想像の上をいく便利さだ…!!

古物商許可は盗品の流通を防止するためにある

古物商許可って、そもそも、何のためにあるの?

これには、盗品が関係してるんじゃ。

古物商許可を取り締まる法律、古物営業法は、古くからある法律で、昭和24年(1949年)に施行されました。

古物商許可は、盗品が取引されないようにしたり、また、取引されてしまっても、すぐに見つけ出せるようにするために、作られた制度です。

へぇ~。でも、どうやって盗品の取引を阻止するの?

古物商許可は、警察(公安委員会)が管理しています。

なので、警察署は、管轄する地域の古物商(古物商許可を取っている人、会社)を把握しています。

窃盗事件が起きたら、警察は盗品の情報を、地域の古物商に知らせます

泥棒が盗品をお金に換えるために、古物商のもとに持ち込んでくると考えられるからです。

古物商は、もし、自分のもとに、知らされていた盗品が持ち込まれたら、買い取らずに警察に報告します

そうすれば、盗品がそれ以上、出回るのを防げますし、犯人の逮捕にも役立ちます。

なるほどね~。

警察が盗品の情報を古物商に知らせる前に、古物商が盗品を気づかずに買い取ってしまうこともあるでしょう。

こういうときのために、古物商には、取引の情報を台帳に記録する義務が課せられています。

記録をさかのぼることで、過去に盗品を買い取っていたとしても、買い取った日時や、誰から買い取ったかが、分かるようになっています。

そんな仕組みがあったのかぁ~。

このように、古物商許可は、盗品が出回るのを防ぐための制度です。

新品の商品の中に、盗品が混ざることは、まず、ないので、新品のせどりに古物商許可は関係ないのです。

【徹底解説】せどりって違法? まとめ

せどりは、違法ではありません。

ただ、中古品のせどりは、古物商許可を取らないと違法となります

古物商許可は、中古品を転売目的で仕入れるために必要な許可です。

古物商許可を取らずに、中古品のせどりを行うと、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が、科せられる可能性があります。

新品のせどりに古物商許可は不要ですが、仕入れの際、法律上の新品の解釈に注意する必要があります。

古物商許可は、行政書士に頼むと、簡単に取れるので便利です。

古物商許可の制度は、盗品が出回るのを防ぐためにあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。