少量・少額の転売なら古物商許可がなくても大丈夫?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

少量・少額の転売でも古物商許可は必要です

古物商許可は、中古品などの古物を転売目的で買い取る場合に必要となる資格です。

古物の量や金額の大小は関係ありません

無許可で古物の転売をすると古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として逮捕されるおそれがあります。

今回は、古物商許可が必要な転売について説明をします。

少量・少額の転売でも古物商許可が必要です

古本や古着の転売でお小遣い稼ぎをしたいと思ってるんだ

いいと思うわ。
メルカリやラクマのようなフリマアプリの利用者はどんどん増えてるし、商品知識さえあれば誰にでも儲かるチャンスがあると思うわ。
ただ、中古品の転売には古物商許可が必要だから忘れずに取得してね

そのことなんだけど、少量・少額の取引でも古物商の許可って必要なのかな?
ネットの掲示板で、1000万円以下の取引に古物商許可はいらないっていう書き込みを見たんだけど・・・・

残念だけど、それは完全にガセ情報
古物商許可っていうのは、中古品などの古物を転売目的で買い取る場合に必要な資格なの。
取引の量や金額で、許可が必要かどうかは変わらないわ

そうなのか~

ネット上では、古物商許可について、いい加減なことがたくさん書かれているから、簡単に信用しないように注意しなくちゃダメよ
もし、無許可で古物の転売をすると、古物営業法違反で逮捕される可能性だってあるんだから

少量・少額の転売でも、原則として古物商の許可が必要です。

古物商許可は、転売目的で古物を買い取る場合に必要となる資格です。

取引の数や金額は関係がありません

最近では、スマホの普及によって誰でも簡単にネットを使って中古品の売買が出来るようになりました。

メルカリやラクマなどのフリマアプリの利用者も年々増加しています。

しかし、その影響でネット上では、古物商許可についてガセ・デマ情報の拡散が目立つようになっています。

掲示板やSNSなどには、「取引金額が〇〇万円以下なら許可は不要」や「取引の回数が〇〇回までなら許可は不要」などの書き込みがありますが、安易に信用しないように注意しましょう

古物商許可は「古物」を「転売目的で買い取る」場合に必要

少量・少額の取引でも、古物商許可が必要なのか~

そうよ。だから、こぶ吉もちゃんと許可を取得してね

逆に、許可がいらない場合っていうのはどんな場合なの?

そうね。いい機会だから許可が必要な場合とそうでない場合について説明するわね

うん、よろしく~

古物とは

まず、古物商許可は古物の取引について必要な資格なんだけど、こぶ吉は、古物って何のことか分かる?

詳しくは知らないけど、たぶん古着やリサイクル品のような中古品のことじゃないかな?

そうね。だいたいあってるけど正確じゃないわ。
古物商許可が必要な古物っていうのは、必ずしも中古品のことだけを指さないの。
新品だって、古物に当たる場合がある
のよ

え~!新品の売買でも許可が必要なの?

古物商許可が必要な古物には中古品の他に、新品でも、個人が使用のために取引した物が含まれる

個人が使用のために取引した物ってどんな場合のこと?

例えば、こぶ吉が自分で使用するためにお店で何か商品を購入したとするでしょ

うん

でも、家に帰ったら同じ物があったから、さっきお店で買った商品を転売しようとした場合、これは「古物」に当たるの。
こぶ吉(個人)が使用するためにお店で購入(取引)した物だから古物になるのよ

古物商許可は古物の取引に必要となる資格です。

そのため、以下の場合は古物商許可は不要です。

  • お店で新品の商品を購入する
  • お店で購入した新品の商品を転売する

ただし、古物に当たるのは中古品だけではありません

新品でも、個人が使用するために取引した物は古物に含まれます

そのため、新品の商品を転売目的で買い取る場合でも、相手が個人だと許可が必要なのです。

ネット取引だと、相手が個人か企業かを判断することは簡単ではありません。

ネット上で転売を続けるのであれば、新品しか扱わない場合であっても、念のため古物商許可を取得しておいた方が無難といえます。

転売目的の買い取り

古物の説明の次は、「転売目的の買い取り」について説明するわ。
古物商許可っていうのは、「古物」を「転売目的で買い取る」場合に必要な資格なの

じゃあ、転売目的が無い場合や、タダで商品をもらった場合は許可は不要ってこと?

その通りよ。例えば、次のような場合には、転売目的の買取行為がないから許可は不要なの

古物商許可が不要な場合

  • 自分で使用するためにメルカリで中古家電を購入した
  • 自分の不用品をメルカリで処分した
  • 友人からタダで貰った不用品をヤフオクで転売した
  • ゲームセンターで手に入れた景品を転売した

古物商許可は、古物を転売目的で買い取る(仕入れる)場合に必要となる資格です。

ですから、中古品を買い取る場合でも、自分で使用するためなど転売目的で無ければ許可は不要です。

また、中古品を転売目的で仕入れる場合でも、それが不用品の回収など無料で引き取る場合、古物商許可は不要です。

ただし、不用品を回収して転売する場合、古物商許可は不要ですが、代わりに一般(産業)廃棄物収集運搬業の許可が必要となる可能性があるので注意が必要です。
不安な方は行政書士へ依頼することをおすすめします。

無許可の古物取引には重い罰則

古物を転売目的で買い取る場合には古物商許可が必要です。

無許可で古物取引をした場合は、古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として逮捕される可能性があります。

無許可営業が発覚するケースの多くは、取り扱った商品の中に盗品が紛れ込み、警察の捜査で発覚する場合です。

他にも、取引相手が警察に通報するといったケースもあります。

少量・少額の取引であっても、無許可営業が警察にバレる可能性は高いので、必ず許可は取得しましょう。

古物商許可の取得は行政書士の代行サービスを利用すると簡単

古物商許可の申請は、手続きが複雑なうえに、たくさんの書類が必要です。

そして、申請書や書類に1つでも不備があると、申請は受理されず、やり直しになってしまいます

そのため、許可を取得するまでに、たくさんの時間や手間が無駄になってしまう可能性があります。

もし、効率よく簡単に許可を取りたいのであれば、専門家である行政書士の代行サービスを利用しましょう

このサービスを利用すると、プロがあなたの代わりに、最短で許可を取得してくれます

依頼者は、何もせず、ただ家で待っているだけで許可が取れるのでとても便利です。

少量・少額の転売なら古物商許可がなくても大丈夫? まとめ

少量・少額の転売でも古物商許可は必要です。

古物商許可は、古物を転売目的で買い取る場合に必要となる資格です。

取引の量や回数、金額などは、許可が必要かどうかに関係がありません

ネット上では、取引回数が少ない場合や、金額が小さい場合には許可が不要といった情報を目にすることがありますが、ガセ情報なので注意しましょう

無許可で古物の取引をした場合、古物営業法違反で逮捕・処罰される可能性があるので、必ず許可を取得しましょう。

古物商許可の取得手続きは複雑で、一般人がやると必ずと言っていいほど失敗し、たくさんの時間を無駄にします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え




必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。