お小遣い稼ぎ程度の転売に古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

メルカリやヤフオクを利用すれば誰でも簡単に中古品の転売をすることができます。

お小遣い程度の取引だから、わざわざ古物商許可なんて必要ないんじゃない?

と考える人もいるかもしれません。

ですが、お小遣い程度でも古物商許可は必要なんです。

古物商許可が必要な取引に金額の大小は関係がないからです。

今回は、お小遣い程度の取引でも古物商許可が必要な理由などについて説明をします。

お小遣い程度でも古物商許可は必要です!金額は関係ありません!

スマホの普及により、メルカリやヤフオクなどのサービスを利用して中古品の転売をする人が増えています。

この記事を読んでいる方も、一度は利用したことがあるのではないでしょうか?

中古品の転売による利益は人によってさまざまです。

年間に数千万円以上の収入がある人もいれば、副業としてお小遣い程度の利益を得ている人もいます。

ですが、注意が必要なのは、

中古品の転売ビジネスをするには古物商許可という資格が必要

ということです。

古物商許可なく中古品の転売ビジネスを続けると、最悪の場合、警察に逮捕されてしまう可能性だってあるんです。

中には、

お小遣い程度の利益しかないから、古物商許可なんて必要ないでしょ

と思う方もいるかもしれません。

ですが、それは誤解です。

古物商許可の必要な取引に、金額の大小は関係がありません。

たとえ100円しか利益が出なかったとしても、それが中古品の転売ビジネスであれば、許可が必要なのです。

たまに、ネットの掲示板とかに、
「数回の取引であれば古物商許可はいらない」
「年間~円までであれば、許可は不要」
みたいな書き込みを目にすることがあるね

それは、完全にガセね。
このブログみたいに専門家がチェックしていないサイトの書き込みはあまり信用しないようにしなきゃ

それでは、具体的にどういう場合に許可が必要なのか、説明をしたいと思います。

古物商許可が必要となるケースの具体例

古物の転売であること

古物商許可という資格は、中古品などの古物を転売目的で買い取る場合に必要です。

重要なポイントは、

  • 「古物」であること
  • 転売目的で買い取る(仕入れる)こと

です。

「古物」というのは、一般的にはリサイクル品や古着、古本などの中古品のことをいいます。

ただ、注意が必要なのは、新品・未使用品であっても「古物」に当たる場合があるということです。

古物営業法によると、「一度でも個人が取引した物は古物にあたる」とされています。

そのため、新品・未使用品を買い取る(仕入れる)場合でも、相手が個人であれば、それは「古物」にあたるのです。

例えば、ヤフオクで新品の洋服を転売目的で買い取るとします。

このとき、相手が個人の出品者であれば、その洋服は「古物」に当たるため、古物商許可が必要なのです。

相手がショップやストアだったら許可はいらないってこと?

そうよ。相手が個人でなければ許可はいらないわ

ただし、ヤフオクなどのネットサービスでは、個人でも簡単にショップやストアを名乗ることができます。

たとえ、ショップやストアのアカウントであっても、相手が個人事業主などの場合であれば、許可が必要なので注意してください。

ネットで仕入れをする場合、相手が個人かどうか慎重に調べなきゃいけないってことだね

あらかじめ許可を取得しておけば、気にすることなく取引できるから安心よ

転売目的で買い取る(仕入れる)

次のポイントは、古物を「転売目的で買い取った(仕入れた)」かどうかです。

転売目的の買い取り(仕入れ)がなければ、許可は不要です。

具体的に、許可が不要な例は、

  • 友人から無料で貰った中古品が不要になったのでメルカリで転売する
  • 自分で長年愛用した中古品がいらなくなったのでヤフオクで転売する
  • ゲームセンターで手に入れた景品をメルカリで転売する
  • 自分で使用する目的で中古品を購入したが、いらなくなったのでリサイクルショップで転売する

などです。

上記の場合、転売目的の買い取り(仕入れ)行為がないため、許可は不要なのです。

でも、転売目的があったかどうかって誰が、どうやって判断するの?

転売目的があったかどうかは、取締りをしている警察が判断をします。

警察は、取引の期間や回数、商品の種類や金額など様々な事情から、転売目的かどうかを調査します。

もし、警察に転売目的と判断されてしまったら、下手な言い訳は通用しません。

転売目的で古物の買い取り(仕入れ)をしている人は、すぐに古物商許可を取得するべきです。

もし古物商許可を取らなかったらどうなる?

無許可営業には重い罰則

中古品などの古物を転売目的で買い取る場合、古物商許可が必要です。

取引金額の大小や、取引回数などは関係がありません。

お小遣い程度の取引でも許可は必要です。

もし、この許可なく古物の転売をすると、無許可営業となります。

無許可営業をした場合、古物営業法違反として「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」という重い罰則が科せられます。

中古品の転売でいくら利益を出しても、警察に逮捕されたら元も子もないね

だから、中古品の転売ビジネスをする場合は、必ず許可を取得するべきね

いつかは必ずバレます

無許可営業には重い罰則が科せられます。

中には、

お小遣い程度の利益しかないから、わざわざ警察も調べないだろ

実際に他にも無許可でやってる人もいるからバレないんじゃないか

などと思う方もいるかもしれません。

ですが、無許可営業を続けていると、いつか必ずバレます

日本の警察はとても優秀です。

ささいなきっかけから、逮捕につながるケースが多くあります。

たとえば、警察の盗品捜査がきっかけでバレるケースがあります。

転売された盗品を警察が捜査する場合、警察は、流通の過程を全て調べることがあります。

その中で、古物商の許可なく中古品の取引をしている人がいれば、無許可営業でついでに逮捕されてしまうのです。

許可の取得は行政書士に頼むととっても簡単

中古品の転売ビジネスをする場合、古物商許可が必要だということを説明しました。

ですが、

許可をどうやって取得すればいいのかわからない

という方もいると思います。

そういう場合は、古物商専門の行政書士に代行を依頼しましょう。

古物商許可の取得手続きはとても複雑です。

知識のない方がやると、いつまでたっても許可が下りません。

行政書士に依頼をすれば、最短で簡単に許可を取ってくれます。

面倒な手続きをしたくないという方は、行政書士に頼むべきです。

お小遣い稼ぎ程度の転売に古物商許可は必要? まとめ

中古品などの古物を転売目的で買い取る(仕入れる)場合には古物商許可が必要です。

取引金額の大小や取引回数などは関係がありません。

そのため、お小遣い稼ぎ程度の転売でも原則として許可が必要です。

無許可営業には3年以下の懲役または100万円以下の罰金という重い罰則が科せられます

古物の転売ビジネスをする場合は、必ず許可を取得しましょう。

ただし、古物商許可の取得手続きはとても複雑です。

自分で申請をすると、とても時間がかかるので、場合によっては行政書士に代行を依頼しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。