【せどり】駿河屋で仕入れて転売するには古物商許可が必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

駿河屋で商品を仕入れて転売をする場合、古物商許可が必要となるケースがあります

それは「駿河屋で中古品(古物)を転売目的で仕入れるとき」です。

なぜなら、古物商許可は中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格だからです。

僕も最近、駿河屋で仕入れたフィギュアを転売してお小遣い稼ぎしようと思ってたんだ。古物商許可についてもっと詳しく教えて~

じゃあ今回は、駿河屋で仕入れた商品の転売と、古物商許可について詳しく説明するわね

駿河屋で中古品を仕入れて転売するには古物商許可が必要になる可能性があります。

駿河屋で商品を仕入れて転売するには、古物商許可が必要になる可能性があります。

古物商許可を取らないまま転売を繰り返すと、警察に逮捕されてしまう可能性もあるので注意が必要です。

駿河屋は、コミックをはじめとして、ゲームやおもちゃ・トレカなど幅広い商品の買取・販売を行っているショップです。

コミックやおもちゃが好きな方であれば、1度くらいは利用したことがあるのではないでしょうか?

僕も駿河屋のオンラインショップはよく利用してるよ

とにかく在庫が豊富で、探せばレアな商品もたくさんあるのが駿河屋の魅力ね。転売で稼ぐときには、優良な仕入れ先といえるわ

そんな優良な仕入れ先の駿河屋ですが、仕入れた商品を転売するときには1つ気を付けなればならないことがあります。

それは、「古物商許可が必要になるかもしれない」ということです。

具体的に古物商許可はどういう場合に必要なの?

それは、駿河屋で中古品を転売目的で仕入れるとき

古物商許可が必要なのは「中古品(古物)を転売目的で仕入れるとき」です

駿河屋で中古品(古物)を転売目的で仕入れる場合古物商許可が必要です。

なぜなら、古物商許可は中古品(古物)の転売ビジネスに必要とされる資格だからです。

そのため「転売する商品が中古品(古物)にあたらない場合」「転売目的がない場合」には古物商許可は不要です。

例えば、

  • 駿河屋で新刊のコミックを購入してヤフオクに出品する
  • 駿河屋で自分用にフィギュアを購入したが不要になったのでメルカリに出品する

これらのケースで、古物商許可は必要ありません。

っていうことは、駿河屋で新品の商品だけを仕入れて転売すれば、古物商許可は取らなくていいんだね

ちょっと待って、こぶ吉。新品でも古物商許可が必要になる可能性があるの

え~、どうして?古物商許可は中古品の転売に必要なんじゃなかったの?

一般にいう「中古品」とは意味が少し違うの

新品でも古物商許可が必要になるケースがあります

駿河屋で仕入れた新品の商品を転売する場合でも古物商許可が必要になるケースがあります。

なぜなら、古物営業法によると、「新品の商品でも使用のために取引された物は古物に含まれる」とされているからです。

駿河屋で売られている新品の商品には大きく次の2つがあります。

  • 駿河屋がメーカーや出版社などから直接仕入れた商品
  • 駿河屋がお客さんから買い取った新品・未使用の商品

そして、この「2、駿河屋がお客さんから仕入れた新品・未使用の商品」の商品を仕入れて転売する場合は、古物商許可が必要です。

お客さんから買い取った新品の商品は、「使用のために取引された物」だからです。

駿河屋で商品を仕入れるときは、新品だからといって安心できないのよ

なるほど~、うっかり気付かないで無許可のまま仕入れちゃいそう

それをやっちゃうと警察に逮捕される可能性があるわ。だから、念のために古物商許可を取得しておくことをおすすめするわ

古物商許可を取得するときのポイント

駿河屋で中古品を仕入れて転売をするには古物商許可が必要です。

ただし、場合によっては中古品だけでなく、新品を仕入れる場合でも古物商許可が必要になる可能性があります。

ですから、新品しか扱わないという方でも、念のために古物商許可を取得しておくことをおすすめします。

じゃあ僕も古物商許可を取ることにするよ。ところで古物商許可ってどうやって取るんだっけ?

じゃあ、ここからは少し古物商許可の取得について説明をするわ

古物商許可を取得するときは「品目」に注意

中古品の転売には古物商許可が必要です。

ただ、古物商許可があればどんな中古品でも転売できるというわけではありません。

古物商が扱える中古品は法律によって13個に分類されており、これを「品目」といいます。

そして、古物商許可を申請するとき、自分で扱いたい品目を13個の中から選んで申請をしなければならないのです。

ちなみに、13個の品目とは以下のとおりです。

  • 美術品類
  • 衣類
  • 時計・宝飾品類
  • 自動車
  • 自動二輪車及び原動機付自転車
  • 自転車類
  • 写真機類
  • 事務機器類
  • 機械工具類
  • 道具類
  • 皮革・ゴム製品類
  • 書籍
  • 金券類

駿河屋で扱われている商品の多くは「10、道具類」「12、書籍」です。

道具類というのは、身の回りの生活雑貨や楽器、おもちゃなどのことをいいます。

駿河屋をメインの仕入れ先にするのであれば、この2つの品目は申請しておいた方がよいでしょう。

もし、何の品目を選べばいいのかわからないという方は、警察署や専門家である行政書士に相談することをおすすめします。

行政書士に依頼をすれば簡単に取得ができます

古物商許可の申請手続きは、とても大変です。

手続きがわかり難く、また、見慣れない書類がたくさん必要になるからです。

もし、簡単に古物商許可を取りたいという方は、行政書士に依頼をしましょう。

書類作成のプロがあなたの代わりに申請をしてくれるので、とても簡単に、しかも最短で許可を取得することが可能なのです。

もし、気になる方は一度ネットなどで「古物商許可専門の行政書士」に相談をしてみるとよいでしょう。

転売初心者は駿河屋の店舗で仕入れるのがおすすめです

駿河屋の商品は、実店舗とオンラインショップから仕入れることが可能です。

もし、転売経験のあまりない方であれば、オンラインショップではなく、実店舗で仕入れるのがおすすめです。

その理由は大きく2つあります。

1つ目は「商品の状態をチェックできる」ことです。

駿河屋のオンラインショップは、他と比べて商品状態のチェックが多少緩いようです。

そのため、実際に目で見て状態を確認できる実店舗の仕入れがおすすめです。

2つ目は「発送までに時間がかかる」ことです。

駿河屋は他のオンラインショップと比べて、商品の発送・到着にかかる時間が長めです。

転売で上手に稼ぐためには、タイミングがとても重要なので、このデメリットはかなり大きいといえるのです。

それに、実店舗の方がレアアイテムに出会える可能性が高いっていうメリットもあるよ

【せどり】駿河屋で仕入れて転売するには古物商許可が必要? まとめ

駿河屋で商品を仕入れて転売するには、古物商許可が必要になるケースがあります。

それは、駿河屋で中古品(古物)を仕入れて転売する場合です。

ただ、場合によっては新品・未使用品でも中古品として扱われる可能性があるので注意しましょう。

もし、無許可営業が見つかってしまうと警察に逮捕されてしまいます。

そうならない前に、なるべく早めに古物商許可を取得することが重要です。

古物商許可の取得は、手続きが面倒なので場合によっては、行政書士に依頼するなどして、効率的に許可を取得しましょう。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。