【せどりで起業】必要な資格と注意すべき3つのこと

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

せどりで起業するとき、絶対に必要な資格は「古物商許可」です。

この許可を取らないまませどりで起業すると、古物営業法違反として警察に逮捕されてしまうかもしれないからです。

他にも、せどりで企業するのなら注意すべき点がいくつかあります。

それは、主に次の3つです。

  • チケットの転売は法律で禁止されているケースがある
  • 食品や栄養サプリなどのせどりはリスクが大きい
  • お酒のせどりをするには免許が必要

今回は、せどりで起業するときに必要な資格と注意点について詳しく説明をするわ

せどりで起業をするのに必要な資格は「古物商許可」

せどりで起業をするとき、絶対に必要な資格があります。

それは「古物商許可」です。

古物商許可について、皆さんも名前ぐらいは聞いたことがあるかもしれません。

古物商許可というのは、中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格のことをいいます。

この許可を取らないで、中古品の転売ビジネスをすることを無許可営業といいます。

無許可営業をすると警察に逮捕され、古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として処罰されてしまいます。

皆さんも、せどりで起業をするのであれば、必ず事前に取得しておきましょう。

でも、古物商許可が必要なのって中古品のときだけだよね。新品の商品だけをせどりするんだったらいらないんじゃない?

原則はそうなんだけど、例外的に新品でも古物商許可が必要になるケースがあるの

新品のせどりでも古物商許可が必要になることがあります

古物商許可は中古品の転売ビジネスに必要となる資格です。

ですから、新品の商品のみを扱うのであれば、原則として古物商許可は必要ありません。

ですが、例外的に新品や未使用の商品のせどりでも、古物商許可が必要になることがあります。

それは、既に取引されたことのある商品を仕入れて転売するケースです。

なぜなら、古物営業法では「新品や未使用の商品でも、一度取引された物は中古品(古物)として扱う」と規定しているからです。

どういうこと~?

例えば、個人がお店で購入した商品を、何らかの理由で新品のままネットに出品したとします。

この商品は、新品・未使用ですが、出品者が既に一度取引したものなので、中古品(古物)にあたります。

そのため、この商品を仕入れる場合は、中古品の仕入れとなるため、古物商許可が必要なのです。

個人から新品や未使用の商品を仕入れる場合は、過去に取引された物であることが多いため、基本的に古物商許可が必要になります。

特にネットを使って仕入れをする場合は、相手が個人かどうか判断が難しいから要注意ね

アカウントがショップやストアでも、運営しているのが個人っていうパターンがあるからかな?

その通りよ。だからネットでせどりをする人は、新品しか扱わない場合でも古物商許可の取得をおすすめするわ

古物商許可は行政書士に任せれば簡単に取得できます

せどりで起業するのであれば、古物商許可は絶対に取得しておきましょう。

無許可でせどりを続けると、古物営業法違反で逮捕されてしまうかもしれないからです。

ただ、古物商許可を効率よく取得するには、行政書士に依頼するのがおすすめです。

なぜなら、古物商許可の申請手続きは、面倒でかなり手間がかかるからです。

申請にはたくさんの公的な書類を用意しなければならず、また、担当の警察官との交渉やアポなども必要です。

これらの手続きを一人でやると、必ずと言っていいほどミスが発生します。

古物商許可の申請は、警察官によって厳しくチェックされるので、書類に不備があると受け付けてもらえません。

そのため、自分で申請をすると、許可が下りるまでに、数か月から半年かかるケースもあるのです。

その点、行政書士に依頼をすれば、面倒な手続きを全部代わりにやってくれるだけでなく、最短で許可を取ってくれます。

行政書士によっては、許可取得から起業までのサポートをしてくれるケースもあります。

気になる方は、一度電話やメールで相談してみるとよいでしょう。

せどりで起業するときに注意すべき3つのポイント

古物商許可さえあれば、ほとんどの商品を扱うことができます。

ただ中には、法令で規制された商品や、扱うリスクの高い商品もあるので、そういった商品の取扱いは避けるべきです。

どんな商品は扱っちゃいけないの?

せどりで扱うときに注意する商品は主に3つよ

チケットの転売は法律で禁止されているケースがある

人気コンサートのチケットなどは、かなりの高額で転売できる可能性があり、とても魅力的な商品です。

ただ、チケットの転売はチケット不正転売禁止法という法律によって禁止されているケースがあるので注意しましょう。

チケット不正転売禁止法によって禁止されるのは、主に次の2つの条件に当てはまるチケット転売行為です。

  • チケットに転売を禁止する旨が明記されている
  • 業としてチケットを購入価格以上で転売すること

「業として」というのは、ざっくりいうと、お金を稼ぐ目的で何度も繰り返すことです。

そのため、転売を禁止する旨が明記されているチケットは、せどりで扱うことはできないということになります。

この法律に違反した場合の罰則は「1年以下の懲役か100万円以下の罰金、またはその両方」です。

食品や栄養サプリなどのせどりはリスクが大きい

せどりで起業する場合、食品や栄養サプリなどは扱わないようにしましょう。

なぜなら、リスクがとても大きいからです。

食品や栄養サプリなど、人が口にする物は、衛生管理がとても大変です。

万が一、購入者に健康被害などが生じてしまった場合、多額の損害賠償を請求される可能性があります。

また、栄養サプリについては、成分に医薬品が含まれている場合、原則として転売することができません。

知らずに転売をすると、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(旧薬事法)」違反で、警察に逮捕されてしまうリスクがあります。

お酒のせどりをするには免許が必要

お酒はせどりの人気ジャンルの1つです。

一部のお酒は、生産量が少ないことからプレミアが付きやすく、高額で取引されることがあります。

また、日本製のお酒はその品質の高さから、海外での人気が高く、最近では特に中国で日本製のお酒がたくさん流通しています。

そのため、お酒の需要は国内外で高く、安く仕入れることができれば、かなり稼ぐことが可能です。

ただし、お酒の転売には、酒類販売業免許が必要なので注意しましょう。

この免許なしで、お酒の転売をすると酒税法違反で警察に逮捕されるかもしれません。

この免許と古物商許可はどっちを先にとればいいの?

古物商許可を先に取得するのがおすすめよ。酒類販売業免許の方が取得のハードルが高く、取得に必要な費用も高額だから、まずは簡単な古物商許可から取得するべきなの

【せどりで起業】必要な資格と注意すべき3つのこと

せどりで起業するときに必要な資格は「古物商許可」です。

この許可がないと原則としてせどりで起業することはできません。

また、せどりで起業するときは次の3つに注意しましょう。

  • チケットの転売は法律で禁止されているケースがある
  • 食品や栄養サプリなどのせどりはリスクが大きい
  • お酒のせどりをするには免許が必要

知らずに、これらの商品を扱ってしまうと、警察に逮捕されたり、購入者から損害賠償を請求される可能性があります。

古物商許可の取得については、行政書士という専門家がいるので、代行を依頼すると簡単に取得できておすすめです。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。