トミカの転売(せどり)に古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

トミカの転売(せどり)には、古物商許可が必要になるケースがあります。

それは、中古品のトミカを転売(せどり)するときです。

無許可でトミカの転売を繰り返すと、警察に逮捕されることもあるので注意しましょう。

トミカって子どものおもちゃだよね。転売して稼げるの?

トミカは大人から子どもまで、幅広く人気のある転売アイテムよ。ただ場合によっては古物商許可が必要になるから注意してね。

トミカの転売(せどり)をするには古物商許可が必要です

中古品のトミカの転売(せどり)をする場合、古物商許可が必要です。

古物商許可を取らないで転売を繰り返すと、古物営業法違反として警察に逮捕される可能性があるので注意しましょう。

トミカとは、タカラトミーが発売しているミニカーのことをいいます。

トミカは、子どもだけでなく大人にも人気のあるアイテムで、その中にはプレミアがついて高額で取引されているものもあります。

そのため、トミカは転売で稼ぎやすいアイテムとして人気を集めています。

皆さんの中にも、トミカの転売に興味のある方がいるのではないでしょうか?

ただ、中古品のトミカを扱う場合には、古物商許可に注意しましょう。

この許可なしで、中古品のトミカを転売すると警察に逮捕される可能性があるからです。

中古品のトミカ転売をするのであれば、必ず事前に古物商許可を取得しておきましょう。

新品のトミカを転売するときはどうなるの?

その場合、古物商許可はいらないわ

古物商許可が必要なのは中古品のトミカを転売(せどり)するときです

古物商許可が必要になるのは、「中古品」のトミカを転売(せどり)するときです。

新品のトミカを転売するときは必要ありません。

なぜなら、古物商許可は、中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格だからです。

ですから、おもちゃ屋で購入した新品のトミカを転売するのであれば、古物商許可のことを気にする必要はありません。

ただし、ここでいう「中古品」は、皆さんが考えている「中古品」とは意味が少し違うので注意が必要です。

どういうこと?

未使用品や未開封品の転売でも、古物商許可が必要になることがあるのよ

未使用・未開封品でも中古品に含まれることがあります

古物営業法には、「過去に取引された物は未使用品・未開封品であっても中古品(古物)として扱う」という規定があります。

そのため、場合によっては未使用品や未開封品の転売にも古物商許可が必要になるので注意しましょう。

過去に取引された物ってどういうこと?

たとえば、こぶ吉がおもちゃ屋で、新品のトミカを購入したとします。

しかし、こぶ吉はこのトミカと同じものを以前購入していたため、今回購入したトミカを未使用・未開封のままネットに出品しました。

この場合、こぶ吉が出品したトミカは、「過去に取引された物」なので、中古品(古物)に該当します。

そのため、こぶ吉からこのトミカを仕入れて転売するときは、古物商許可が必要になるのです。

一般に個人が出品している新品の商品は、ほとんどがこのケースに該当します。

ですから、個人から商品を仕入れるときは、それが新品・中古品問わず古物商許可が必要になると考えておいた方がよいでしょう。

特にインターネットで商品を仕入れるときは注意が必要です。

ネット上では、相手が個人かどうか分かりにくいからです。

ネット上でおもちゃ屋やメーカーっぽいアカウント名やサイト名を使っていても、実際にそれを運用しているのが個人であれば、法律上は個人として扱われます。

そのため、ネットで新品の商品を仕入れるときは、古物商許可が必要かどうかの判断がとても難しいのです。

じゃあ、どうすればいいの~?

ネットを中心に取引をするのであれば、古物商許可を取ってしまうのが一番安全ね。

無許可で中古品のトミカを転売すると古物営業法違反になります

中古品のトミカを転売(せどり)するときは、古物商許可が必要です。

では、古物商許可を取らずに中古品のトミカを転売(せどり)すると、具体的にどうなってしまうのでしょうか?

古物商許可なしで中古品の転売ビジネスをすることを、無許可営業といいます。

無許可営業をすると、古物営業法違反として警察に逮捕されて処罰されます。

無許可営業に対する罰則は、古物営業法違反の中でも特に重く「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」となっています。

さらに、無許可営業で逮捕されると、その後5年間は古物商許可の取得ができないというペナルティも課せられます。

このように、無許可営業のリスクはとても大きいので、トミカの転売(せどり)をするのであれば、必ず事前に古物商許可を取得しておきましょう。

古物商許可を取るなら行政書士に依頼するのがおすすめです

中古品のトミカの転売(せどり)をするには、古物商許可が必要です。

トミカの転売に興味のある方は、なるべく早めに古物商許可を取得しておきましょう。

ただ、古物商許可の申請手続きはとても面倒なので注意が必要です。

申請にはたくさんの書類を用意しなければならず、また、担当警察官のチェックも厳しいからです。

「楽して簡単に古物商許可を取得したい」という方には、行政書士の代行サービスがおすすめです。

行政書士に代行を依頼をすれば、面倒な古物商許可の申請も、基本的にすべて任せっきりにしたままで大丈夫です。

また、申請の専門家が代行してくれるので、スムーズに手続きが進み、最短で許可を取得することができます。

これから、古物商許可の取得を考えている人は、行政書士の代行サービスを検討してみましょう。

トミカの転売で効率よく稼ぐコツ

トミカはプレミアがつきやすく、また、幅広い年代の人に人気のあるアイテムです。

そのため、上手に転売すれば、転売経験の少ない人でもたくさん稼ぐことが可能です。

以下では、トミカの転売でより効率よく稼ぐコツをいくつかご紹介します。

限定品や非売品を狙う

トミカは、毎月第3土曜日を「トミカの日」として、新作を発売しています。

このときに発売される初回限定カラーは、通常版と比べて2倍以上の価格で取引されることがあります。

また、トミカはイベントなどで記念品として無料配布されることがあります。

この非売品は、無料で手に入るうえに、高額で取引されるのでかなり狙い目です。

ただ、いつ・どこで配られるか、各種のイベント情報をあらかじめチェックしておく必要があります。

セット売りで単価を上げる

トミカは関連商品とのセット販売がおすすめです。

例えば、同じモデルの初回限定カラーと通常カラーをセット販売することで、そのモデルのファンが高額で購入してくれる可能性があります。

また、レアなモデルと通常のモデルをセット販売することで、売れ残った在庫を減らすことも可能です。

ただし、無関係な商品をセット販売しても逆効果になる可能性があります。

どういうセットで販売すれば高値で売れるのか、しっかりとリサーチすることが重要です。

トミカの転売(せどり)に古物商許可は必要? まとめ

トミカの転売(せどり)には、古物商許可が必要になることがあります。

それは、中古品のトミカを転売(せどり)するときです。

無許可で中古品のトミカの転売(せどり)をすると、警察に逮捕される可能性があるので、必ず事前に古物商許可を取得しておきましょう。

古物商許可の申請は、たくさんの書類が必要になるなど、かなり面倒な手続きなので、簡単に取得したい方には、行政書士に依頼することをおすすめします。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。