【古物商 13品目】トレーディングカードの品目はどれ?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

古物商の許可を取得する場合、法律が定めた13品目の中から自分が取り扱おうとする古物を選んで申請しなければなりません。

トレーディングカードを扱おうとするのであれば、「道具類」を選択して申請します。

道具類という品目は、家具や日用雑貨、おもちゃなど家庭で一般的に使用されている物品をさします。

今回は、トレーディングカードの品目や、古物取引として扱うメリットや注意点などを説明します。

トレーディングカードの品目は道具類

古物は古物営業法施行規則によって13品目に分類されます。

古物商の許可を取得する場合は、自分の扱う物品が該当する品目を選んで申請しなければなりません。

13品目は以下のとおりです。

  • 美術品類 
  • 衣類
  • 時計・宝飾品 
  • 自動車(それらの部品を含む)
  • 自動二輪車及び原動機付自転車(それらの部品含む)
  • 自転車類(それらの部品含む)
  • 写真機類 
  • 事務機器類
  • 機械工具類
  • 道具類 ←トレーディングカードはこれ!
  • 皮革・ゴム製品 
  • 書籍
  • 金券類

トレーディングカードを扱おうとするのであれば、「10、道具類」を選択することとなります。

道具類には、家具や日用品、おもちゃなど日常、家庭で扱われている物品が広く含まれます。

そもそもトレーディングカードの転売に古物商の許可が必要か

中古品やリサイクル品などの古物の売買をするには、原則として、古物商の許可が必要です。

扱う商品がトレーディングカードであっても、それが中古品であれば、古物商許可が必要です。

古物商の許可なく古物の取引を行った場合、古物営業法違反として逮捕・処罰の対象となります。

また、古物商の許可は、ネット取引であっても必要です。

古物商というと質屋やリサイクルショップをイメージする方が多く、メルカリやヤフオクといったネット取引には、古物商許可は不要だと勘違いしている方もいるようです。

しかし、ネットのみの取引であっても、扱うものが古物にあたる以上、古物商の許可は取得しなければなりません。

古物商の許可は更新がなく取得すれば一生有効な資格です。

安心してトレーディングカードの取引ができるよう、必ず古物商の許可は取得しましょう

トレーディングカード転売のメリット

古物商の資格を利用したトレーディングカードの転売は儲かるのでしょうか。

良い質問じゃな。それではさっそくトレーディングカード転売のメリット・デメリットについて説明しよう。

プレミアムが付きやすい

トレーディングカードはプレミアムが付きやすく、100円で仕入れたカードが5千円で売れたなどのケースがよくあります。

こうした値動きの大きさが、トレーディングカード転売のメリットの一つといえます。

プレミアムが付くきっかけとしては、大会などイベントが発表されたとき、イベントのルールが変更されたとき、新しいシリーズのBOXが発売されたときなどがあります。

特にルール変更や新BOX発売の場合、それまで雑魚カードだったのが急激に強いカードに化け、価格が急上昇することがあります。

仕入れについても、プレイヤーの引退品などをまとめ買いすればかなり費用は抑えられます。

そのため、知識さえあれば、かなり大きな利益を狙うことができるといえます。

管理コストがかからない

古物の転売ビジネスは、ほとんどの場合、在庫を自宅などで保管する必要があります。

大きな物品だと専用のスペースが必要になるなど、管理コストも馬鹿になりません

ですが、トレーディングカードだと数千枚あっても重ねておけば保管に困ることはありません

管理コストが不要というのは、古物転売ビジネスにおいて大きな特徴です。

ただし、自分が何のカードを所持しているのか、分からなくならないような工夫は必要です。

ライバルが少ない

トレーディングカード転売で利益を出すにはある程度の商品知識が必要です。

そのため、一般人の参入があまりなく、ライバルが少ない市場で売買をすることができます。

例えば、あなたがレアカードを出品したとします。

他に同じレアカードの出品者がいなければ、あなたの希望額で取引が成立する可能性が高くなります。

また、仕入れに関してもライバルが少ない分、低い金額で手に入れることができるといえます。

古物の転売ビジネスでライバルの存在を意識しなくてもいいというのは、大きなメリットの1つです。

トレーディングカード転売のデメリット

一見、とても簡単に儲けることができそうなトレーディングカードの転売ビジネスですが、メリットばかりではありません。

トレカ転売のデメリットについて説明します。

収益が安定しない

トレーディングカードの値動きは激しく、大きく利益を出せるときもあれば、逆に大きな損失を出してしまうこともあります。

そのため、安定した収益を得ることが難しいのもトレーディングカード転売の特徴です。

カード単位だけでなく、ジャンルごとの値動きも大きいので注意しましょう。

1つのジャンルに絞ることなく、様々なジャンルを扱うことが、安定して収益を出すためのポイントといえます。

商品知識が必要

どんな古物の転売ビジネスであっても、一定の利益を出すためには、最低限の商品知識は必要です。

ですが、トレーディングカードはその要素がとても大きく、商品知識がないうちは、はっきりいって手を出さない方が無難です。

例えば、カード1枚で見ると雑魚で価値のないものでも、別のカードと組み合わせることで急に強くなり、高額で転売できるというケースがあります。

こうした知識をもっていないと、大きな利益を出すことは難しいのがトレーディングカード転売の特徴です。

また、レアカードになるとネット上に偽物もたくさん出回っています。

商品知識なく取引をしているといつの間にか、偽物を掴まされていたなんてことになりかねません。

メルカリなど価格交渉をするときも、商品知識がないと買い叩かれてしまいかねません。

あらかじめ、しっかりとした商品知識を持ったうえで、取引にのぞみましょう

販売の手間がかかる

以外と知られていないデメリットの1つが販売の手間です。

トレカのまとめ売りは、どんな商品が含まれているかわからず、みんな警戒するため、あまり良い値段が付きません。

しっかり利益を出したいのであれば、カード1枚単位で販売すべきです。

ですが、ネットで販売するのであれば、カード1枚ごとに商品説明を書かなければなりません

また、発送も1枚ごと袋に入れて個別に発送する手間はかなり大きな負担になります。

こうした作業を地道にできる人が、トレーディングカードの転売に向いている人といえます。

海外へ輸出

日本のトレーディングカードの中には、海外で高い評価を得ているものもあります。

そのため、販売先は国内だけでなく、海外も視野に入れるべきです。

イーベイ(eBay)やアマゾン(Amazon)など個人で輸出できるサービスもたくさん増えています。

国内だと数百円の価値しかないカードが、海外では数千円で販売できたというケースもあります。

気になるのは発送料ですが、安いサービスを利用すれば、量にもよりますが200円程度で発送できるものもあります。

【古物商 13品目】トレーディングカードの品目はどれ? まとめ

古物商許可の取得をする場合、扱う物品を13品目の中から選んで申請をしなければなりません。

トレーディングカードは13品目のうち、「道具類」に分類されます。

ですから、トレーディングカード転売をするため古物商の資格を取得するのであれば、品目は「道具類」を選択して申請します。

トレーディングカードの転売で利益を出すためのポイントとしては、以下の点が重要です。

  • 商品知識を手に入れる
  • 売却のタイミングを掴む
  • 販売先として海外も視野にいれる

古物商許可を取得せずにトレカ転売をした場合、古物営業法違反として逮捕・処罰されてしまう可能性もあります。

古物商は、更新制度がなく1度取得してしまえば一生有効な資格です。

安心してトレカ取引をするため、古物商の許可は必ず取得しましょう

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。