無許可のせどりは違法です

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

最近流行りのせどりでお金儲けしようと思ってるんだ

いいと思うけど・・・古物商許可は持ってる?

いいや、持ってないけど

無許可のせどりは違法になるかもしれないわ。そうなると警察に逮捕されたり大変なことになってしまうの

今回は、無許可のせどりについて詳しく説明をします。

中古品の無許可せどりは古物営業法に違反します

最近、せどりでお金を稼ぐ人が増えています。

アプリなどネットサービスが充実し、未経験者でも簡単にせどりで稼ぐことができるようになったからです。

皆さんも、せどりでお金を稼いでみたいと思ったことがあるのではないでしょうか。

ただ、せどりを始めるには1つ注意しなければならないことがあります。

それは、中古品のせどりをするには古物商許可が必要ということです。

もし、古物商許可を取らないで中古品のせどりをした場合、どうなっちゃうの?

古物商許可なく中古品のせどりをすることを「無許可営業」といいます。

無許可営業をした場合、警察に逮捕され、重い罰則(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)が科されます。

さらに、5年間は古物商許可の取得ができなくなるっていうペナルティも受けることになるわ

もし、中古品のせどりを考えている方は、事前に必ず古物商許可を取得しましょう。

新品でも古物商許可が必要になるケースがあります

古物商許可って中古品のせどりに必要なんだよね。ってことは、新品の家電や洋服のせどりには必要ないってことだよね?

それがそうでもないのよ

古物商許可とは、中古品(古物)の転売ビジネスに必要となる資格です。

ですから、新品の商品をせどりで扱う場合、原則として古物商許可は必要ありません。

ただし、これには例外があるので注意が必要です。

古物営業法によると、新品でも「使用のために取引されたもの」は古物に含まれるとされています。

どういうこと?

要するに、一度消費者の手に渡ったものは、たとえそれが新品・未使用の商品であっても古物に含まれるということです。

例えば、こぶ吉が家電量販店で新品のテレビを購入したとします。

ですが、部屋に合わなかったため、使用せずにそのまま保管しておいた場合、このテレビは新品でも「使用のために取引されたもの」なので古物に該当します。

ですから、このテレビをせど美がせどりで仕入れる場合、古物商許可が必要なのです。

要するに、せどりで個人から商品を仕入れる場合は、それが新品でも古物商許可が必要になるかもしれないってことね

じゃあ、お店から新品の商品を仕入れる場合は大丈夫なんだよね

そうね。その場合は古物商許可は不要ね。ただし、インターネットで仕入れる場合は要注意よ

どういうこと?

ヤフオクやAmazonのショップアカウントは個人でも簡単に取得することができます。

アカウントがショップやストアになっていても、その運営をしている人が個人であれば、法律上、それは個人と判断されます。

ですから、個人が運営しているショップアカウントから新品の商品を仕入れる場合、古物商許可が必要なのです。

ネットで仕入れをする場合、相手のアカウントがショップやストアになっていても、運営しているのが個人か企業かちゃんと確認しなきゃいけないってことなの

え~、そんなの面倒くさくてできないよ~

普通はそうよね。だから、相手が個人でも法人でもどちらでも安全に取引ができるよう、あらかじめ古物商許可を取得しておくべきなの。

取引の度に相手が個人か企業か確認するのはかなりの負担です。

効率よく安全に仕入れができるよう、新品しか扱わない場合でも、なるべく古物商許可は取得しておきましょう。

取引金額の大小などは関係がありません

ネットの掲示板などを見ていると、

  • 取引金額が〇万円以内であれば古物商許可はいらない
  • 月に数回しか転売しないんだったら古物商許可は不要
  • 個人でせどりをするのに古物商許可なんて取らなくてもいい

などのコメントを目にすることがあります。

ですが、これらはすべて誤った情報なので信用しないようにしましょう。

先ほども説明したとおり、古物商許可は中古品の転売ビジネスに必要な資格です。

取引金額や回数、個人かどうかなどは一切関係がありません

中古品を転売目的で仕入れる場合は、必ず古物商許可が必要なのです。

安易にネットの情報を信用して、取り返しがつかないことにならないよう、注意が必要です。

ネットで調べるときは、ここの記事のように、専門家がちゃんとチェックしているブログにするべきね

中古品でも古物商許可が不要な商品があります

古物商許可は中古品の転売に必要な資格です。

ですが、中古品すべての転売に古物商許可が必要というわけではありません

古物商許可が必要となる中古品(古物)の種類は法律で決まっています。

ですから、それ以外の商品であれば中古品であっても古物商許可なく転売することが可能なのです。

古物商許可がいらない中古品ってどんな物があるの?

例えば、食品やお酒、化粧品類です。

これらは古物営業法上の「古物」に該当しないため、古物商許可は必要ありません。

中でもお酒はプレミアが付いて高額で取引されるケースもあるので、一部では人気の転売ジャンルです。

ただし、食品の場合は食品営業許可、お酒の場合は酒類販売業免許というように、せどりをするには別の許可や免許が必要です。

これらの許可や免許を取得せずにせどりをすると、罰則や営業停止命令などを受けるおそれがあるので注意しましょう。

古物商許可はどうやって取得する?

せどりに古物商許可が必要だってことはわかったんだけど、どうやってその許可は取得すればいいの?

古物商許可を取得する方法には、自分で申請をする方法と、専門家に依頼をする方法という2つの方法があります。

もし、できるだけ簡単に手っ取り早く古物商許可を取得したいのであれば、専門家に依頼する方法をおすすめします。

古物商許可の申請には、たくさんの書類が必要で、それらすべてミスなく用意をしなければなりません。

その手続きがとても面倒で、一般の方は自分でやると、とても長い時間がかかってしまいます。

中には、許可が下りるまで半年以上かかったという人もたくさんいます。

専門家である行政書士に依頼をすれば、書類の作成や提出、警察との交渉など含めて全部代わりにやってくれます

自分でやるより、圧倒的に簡単に許可を取ることができるので、とてもおすすめです。

無許可のせどりは違法です まとめ

中古品のせどりをするときは、古物商許可を取得しなければなりません。

古物商許可なく中古品のせどりをすることは、古物営業法違反となり違法です。

警察に逮捕され、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」という重い罰則が科されます。

新品のせどりをする場合でも、個人から商品を仕入れる場合は、古物商許可が必要になるケースがあります。

ですから、安全にせどりをしたいのであれば、新品・中古品問わず、古物商許可を取得しておいた方がよいでしょう。

古物商許可の申請は自分でもできますが、効率よく許可を取りたいのであれば行政書士に依頼しましょう

専門家があなたのニーズに合わせて最短で許可を取ってくれるので、とてもおすすめです。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。