未使用・未開封の商品を転売するのに古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

未使用・未開封の商品の転売でも古物商許可が必要になる場合があります。

それは「使用のために取引されたことのある物」を転売する場合です。

知らずに転売をすると、無許可営業として警察に逮捕される可能性もあるので注意しましょう。

あれ?古物商許可が必要なのって中古品を転売するときだけで、未使用・未開封の商品を転売するときはいらないんじゃないの?

そう勘違いしている人が多いみたいじゃが実際は違うんじゃ。今回はその理由についてもきちんと説明するからしっかり聞いておくんじゃぞ

未使用・未開封の商品の転売でも古物商許可が必要なケースがあります

皆さんの中には古物商許可について

「古着や古本など、誰かが既に使用した物を転売するときに必要な許可・資格」

と考えている人がいるかもしれません。

ですが、そうではありません。

場合によっては、未使用・未開封の商品を転売する場合でも、古物商許可が必要になることがあるのです。

その場合に、もし古物商許可を持っていなければ、無許可営業となり警察に逮捕される可能性があります。

ですから、未使用・未開封の商品だからといって安心してはいけません。

古物商許可って中古品の転売に必要な許可っていうイメージなんだけど、違うの?

いや、古物商許可はたしかに中古品の転売に必要となる許可じゃ。ただ、ここでいう中古品の意味がみんなの言う中古品とは少し違うんじゃ

古物商許可が必要な中古品とは

古物商許可は中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格のことをいいます。

ただ、ここでいう中古品とは、一般的に言われる古着や古本といった使用済みの物に限られません。

古物営業法という法律によると、「新品でも使用のために取引された物は(古物)中古品に含まれる」とされているのです。

そのため、未使用・未開封の商品を転売する場合でも、古物商許可が必要となる可能性があるのです。

「使用のために取引された物」っていうのがよくわかんないんだけど

例えば、こぶ吉が家電量販店で新品のテレビを購入したとします。

ですが、何らかの理由により、こぶ吉はこのテレビを使用しないままネットオークションに出品をしました。

この場合、このテレビはこぶ吉が使用するために取引した物にあたります。

そのため、この未使用・未開封のテレビをこぶ吉から仕入れる場合、古物商許可が必要になる可能性があるのです。

お店ではなく個人から未使用・未開封の商品を仕入れる場合は、使用のために取引された物である可能性が高い。そのため個人から商品を仕入れる場合は、原則として古物商許可が必要なんじゃ

でも、なんで個人から仕入れる場合は、未使用・未開封でも古物商許可が必要になるの?

それは、古物商許可という制度の目的がわかれば納得するはずじゃ

古物商許可の目的は盗品の流通を防止すること

古物商許可の目的は「盗品の流通防止」「盗品の早期発見」にあります。

どういうことか説明しましょう。

泥棒は盗んだ物を誰かに売ってお金に換えるのが一般的です。

もし、中古品の転売が自由だと、泥棒は簡単に盗品の買い手を見つけることが可能になってしまいます。

そこで、泥棒が簡単に買い手を見つけられないように、中古品の転売を許可制にしたのが古物商許可という制度なのです。

古物商許可が必要な取引が中古品に限られているのは、新品の商品の取引に盗品が混ざる可能性はとても低いからです。

例えば、メーカーと百貨店が取引する場合、在庫や取引数量などがしっかり管理されているので、盗品が混ざってしまうことは通常あまり考えられません。

ですが、いったん個人の手に渡ってしまうと、在庫の管理がしっかりされていないため、盗品が混じってしまう可能性が高くなります。

そのため、使用のために取引された物の場合は、未使用・未開封でも古物商許可が必要とされているのです。

なるほど、要するに個人から仕入れなきゃいいってことだね

それはそうなんじゃが、ネット取引の場合は要注意じゃぞ

ネットで未使用・未開封の商品を仕入れる場合は要注意

使用のために取引された物は、未使用・未開封でも中古品に含まれます。

そのため、個人から未使用・未開封の商品を仕入れる場合は、原則として古物商許可が必要になるということを説明しました。

じゃあ、個人じゃなくお店から新品の商品を仕入れれば古物商許可はいらないんだよね

たしかに、お店から未使用・未開封の商品を仕入れる場合は、原則として古物商許可は必要ありません。

ですが、インターネットで商品の仕入れをする場合は注意が必要です。

なぜなら、ネット上の表示がお店になっていても、運営しているのが個人であれば、それは個人からの仕入れと判断されるためです。

そのため、個人が運営するネットショップやアカウントから商品を仕入れる場合は、それが未使用・未開封の商品でも古物商許可が必要になります。

もし、無許可で仕入れをすると無許可営業として警察に逮捕される可能性があるのです。

古物商許可を持っていない人が、インターネットで仕入れをするときは、相手が個人か企業かきちんとチェックすることが重要じゃ

でも、調べてもわからないこともあるし、取引の度にチェックするのは面倒だよ

たしかにそうじゃ。だから、ネットで頻繁に取引をする人は、古物商許可を取得しておくことがおすすめなんじゃ

古物商許可さえあれば、相手が個人か企業か、中古品か新品かを気にすることなく取引することができるもんね

古物商許可を簡単に取得するには?

古物商許可を簡単に取得する方法は「行政書士に依頼する方法」です。

古物商許可の申請手続きは、難しい書類を用意したり、警察の質問に対応したりととても面倒です。

そのため、自分で申請をするとたくさんの手間や時間がかかります。

もし、簡単に許可を取りたいという方は行政書士の代行サービスを利用しましょう。

書類作成のプロである行政書士が、あなたの代わりに面倒な手続きを代わりにやってくれるのでとても便利です。

面倒な申請はプロに任せて、あなたは転売の準備をするのが効率的といえます。

もし、興味のある方は、一度専門の行政書士に問い合わせてみるとよいでしょう。

未使用・未開封の商品の転売は儲かる?

未使用・未開封の商品の転売は、中古品転売と比べて儲けやすいといえます。

特に転売初心者の方にはおすすめです。

なぜなら、中古品転売の場合と比べて、あまり転売経験が必要ないからです。

未使用品じゃない方が安く仕入れられるから、儲かる気がするんだけどな~

たしかに使用済み商品の方が仕入れ値が安くすむので、利益率は高くなります。

ですが、使用済み商品を高く転売するには、商品説明や商品の見せ方などに工夫が必要です。

また、商品の状態や種類によっては、クレームにつながる可能性が高いというデメリットもあります。

ですが、未使用・未開封の商品については、あまり商品説明がなくても、お客はどんな商品かイメージすることができます。

また、クレームも少ないので、お客の対応で無駄な時間をとられるということもありません。

もし、転売で効率よく稼ごうと思うのであれば、古物商許可を取って未使用・未開封の商品を扱うのがおすすめです。

未使用・未開封の商品を転売するのに古物商許可は必要? まとめ

未使用・未開封の商品を転売する場合でも古物商許可が必要なケースがあります。

それは、誰かが使用のために取引した物を仕入れて転売するケースです。

この場合、古物商許可を持っていないと無許可営業として警察に逮捕されてしまう可能性があります。

もし、未使用・未開封の商品を扱いたいのであれば、行政書士に頼むなどして、事前に古物商許可を取得しておきましょう。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。