中古品の転売でも、一度自分で使えば古物商許可は不要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

中古品を転売する場合でも、一度自分で使えば古物商許可はいらなくなるって聞いたんだけど本当?

あまり正確な情報ではないわね。一度自分で使ったからといって古物商許可がいらなくなるとは限らないわ

古物商許可は中古品を転売目的で仕入れるときに必要となる資格です。

ですから、古物商許可が必要かどうかは、「転売する目的で中古品を仕入れたかどうか」によって判断されます。

一度自分で使ったかどうかはそれほど関係がないのです。

今回は、中古品の転売と古物商許可について詳しく説明をします。

一度自分で使っても古物商許可が必要になる場合があります

中古品の転売ビジネスをするときに必要となるのが、古物商許可という資格です。

古物商許可なく中古品の転売ビジネスをすると古物営業法違反として警察に逮捕される可能性があります。

ただ、ネット上では、

一度自分で使用すれば古物商許可はいらない。警察に逮捕されることもない。

といった書き込みを目にすることがあります。

これは本当でしょうか?

実は、この情報は正確ではありません

一度自分で使用した中古品を転売する場合でも、古物商許可が必要になる可能性があるのです。

じゃあ、どうしてそんな書き込みをする人がいるんだろう?

それは、おそらく転売目的がないということを言っているんじゃろうな

古物商許可は、中古品を転売目的で仕入れるときに必要となる資格です。

ですから、転売目的で中古品の仕入れをしていない場合、古物商許可は必要ありません。

例えば、

  • 自分で長年愛用してきた時計を転売する
  • コレクターを卒業するため、集めていたトレカを転売する
  • 引越しを機会に中古家電をすべて転売する

これらは、最初から転売する目的で商品を仕入れているわけではないため、古物商許可は不要です。

逆に言うと、転売目的で仕入れたのであれば、一度自分が使用しても古物商許可は必要です。

例えば、

  • 転売する目的で仕入れた古着を一度自分で試着してから転売する
  • 転売するために仕入れた中古家電をしばらく自宅で使用してから転売する

これらのケースでは、すべて転売目的で中古品を仕入れているため、古物商許可が必要です。

要するに、

・転売するために仕入れた中古品を転売する場合は古物商許可が必要
・自分で使用するために仕入れた中古品を転売する場合は古物商許可は不要

なのです。

一度自分が使用したかどうかは、あまり重要ではないんだね

そういうことじゃ。仕入れるときの目的がポイントなんじゃ

転売目的かどうかは誰がどうやって判断するの?

古物商許可が必要かどうかは、「転売目的の仕入れがあったかどうか」が重要だと説明をしました。

では、転売目的かどうかは誰がどうやって判断するのでしょうか。

それは、無許可営業の取り締まりをしている警察が、過去の取引記録などから判断をします。

警察は、無許可営業の疑いがある場合、その人の過去の取引記録などをすべて調べます。

そして、転売目的だと判断した場合は、古物営業法違反として逮捕するのです。

どういう取引をしていると警察から無許可営業を疑われるの?

警察に疑われるかどうかは、取引の内容や回数もポイントです。

同じ商品を何度も取引していたり、一度に大量の中古品を転売していると警察の目につきやすくなります。

じゃあ、取引回数を減らせば警察に疑われることはないかなぁ

盗品が混ざっていた場合、取引回数が少なくても警察の捜査対象になることがあるぞ

取引回数が少ない場合でも、警察が捜査するケースがあります。

それは、扱った商品の中に盗品が混ざっていた場合です。

窃盗事件が起きた場合、警察は犯人だけでなく、その盗品が誰から誰に渡ったのか、流通の経路も調べます。

その過程で、無許可営業が発覚してしまうというケースがとても多いので注意が必要です。

もし、警察に無許可営業だと判断され逮捕されてしまったら、「実は転売目的ではなかった」など下手な言い訳は通用しません。

無許可営業には、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」というとても重い罰則が科せられます。

心当たりのある人は、すぐに古物商許可を取得することをおすすめします。

もし無許可営業をしてしまったら

先ほどもいったとおり、古物商許可は転売目的で中古品を仕入れるときに必要となる資格です。

ネット上でたまに見かける

一度自分で使用すれば古物商許可はいらなくなる

という情報はガセ情報なので信用しないようにしましょう。

でも、もし、この情報を信用して既に無許可で中古品の転売をしてしまったという人はどうすればいいの?

もし、ネットの情報を信用して無許可営業をしてしまったという人は、

  • 全ての取引を中止する
  • すぐに古物商許可を取得する

という対策を取りましょう。

以下では具体的に説明をします。

全ての取引を中止する

もし、既に無許可営業をしてしまったという人は、すぐに全ての取引を中止してください。

ネットサービスやアプリなどで転売をしている人は、アカウントを停止、または削除します。

自分のサイトで転売をしている人は、一時的にサイトを閉鎖しましょう。

現在交渉中の取引についてもすぐに中止してください。

これまでの収入源を失ってしまうため、なかなか取引の中止ができない人がたくさんいます。

ですが、警察に逮捕されてしまっては元も子もありません。

思い切ってすべての取引を中止しましょう。

すぐに古物商許可を取得する

取引の中止が完了したら、次は、なるべく早く古物商許可を取得しましょう。

このときのおすすめは、自分で申請するのではなく、行政書士に依頼をすることです。

どうして自分で申請しちゃいけないの?

古物商許可の申請手続きは複雑でとてもわかりにくいのです。

ですから、一般の人が自分で申請をすると、許可が下りるまでにとても長い時間がかかります。

ですが、行政書士は古物商許可の専門家なので、依頼をすれば最短で許可を取ってくれます。

既に無許可営業をしている人が警察に逮捕されないためには、どれだけ早く許可を取得できるかが重要です。

ですから、なるべく行政書士に依頼をするべきなのです。

また、古物商許可の申請手続きは管轄の警察署で行います。

許可が下りるまでに、警察の審査があるのですが、その審査で過去の無許可営業が発覚し、逮捕されてしまうという可能性もゼロではありません。

そのリスクを減らすためにも、警察との交渉に慣れた行政書士に依頼をするのがベストなのです。

注意するのは、行政書士に依頼をするとき、正直に無許可営業をしていたと話すことね

中古品の転売でも、一度自分で使えば古物商許可は不要?  まとめ

中古品の転売をする場合、一度自分で使っても古物商許可が必要になる可能性があります。

古物商許可は中古品を転売する目的で仕入れるときに必要となる資格です。

ですから、古物商許可が必要かどうかの重要なポイントは、転売目的で仕入れたかどうかです。

一度自分で使用しても、それが転売目的で仕入れた中古品であれば古物商許可が必要です

無許可で中古品転売をした場合、古物営業法違反として警察に逮捕される可能性があります。

すでに無許可で中古品転売をしてしまったという人は、すぐに取引を中止して古物商許可を取得しましょう。

古物商許可の取得は行政書士に依頼をした方が、警察に無許可営業を問われるリスクが減るのでおすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。