妻(夫)の古物商許可で取引しても良い?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

妻(夫)の古物商許可で取引をしてはいけません。

古物取引をしたいのであれば、必ず自分名義の古物商許可を取得するようにしましょう。

もし、妻や夫の古物商許可で取引をした場合はどうなっちゃうの?

その場合は、夫婦両方とも警察に逮捕される可能性があるから絶対にやっちゃダメよ

今回は、妻や夫の古物商許可でなぜ取引してはいけないのか、取引するとどうなってしまうのか、詳しく説明したいと思います。

妻(夫)の古物商許可で取引をしてはいけません

妻や夫の古物商許可で取引をしてはいけません。

もし、中古品の転売をしたいのであれば、必ず自分名義の古物商許可を取得するようにしましょう。

最近、メルカリやヤフオクといったサービスが普及し、転売でお金を稼ぐ人が増えています。

皆さんも、これらのサービスを一度は利用したことがあると思います。

ただし、転売でお金を稼ぐには、「古物商許可」という資格が必要です。

もし、この許可がないまま、中古品の転売をすると警察に逮捕されてしまうので、必ず取得しましょう。

ただ、古物商許可は、後から詳しく説明するように、申請の手続きが面倒で、取得するのは結構大変です。

そのため、妻や夫の古物商許可を利用しようと考える人もいるかもしれません

ですが、これは絶対にやめましょう。

なぜなら、妻や夫の古物商許可で取引をすることは古物営業法違反になってしまうからです。

古物営業法違反って具体的にどうなっちゃうの?

最悪の場合、夫婦両方とも警察に逮捕されるかもしれないわ

え~、どういうこと~?

妻(夫)の古物商許可で取引をするとどうなる?

妻や夫の古物商許可で取引をすることはできません。

古物商許可は原則として、取得者だけしか利用することができないからです。

もし、妻や夫の古物商許可で中古品転売などの取引をした場合、それは無許可営業にあたります。

無許可営業をすると警察に逮捕され「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」という重い罰則が科せられます。

それだけではありません。

妻や夫の古物商許可で取引をした場合、古物商許可を貸した人も処罰されるのです。

許可を持っていない人に古物商許可を貸して取引させることを「名義貸し」といい、古物営業法違反になります。

これは、古物商許可を貸す相手が夫婦であっても違反であることに変わりません。

名義貸しに対する罰則は無許可営業と同じで「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」です。

さらに、名義を貸した人は、古物商許可が取り消され、5年間は古物商許可の取得ができないというペナルティも受ける可能性があります。

このように、古物商許可の貸し借りはとっても罰則が重いから絶対にやっちゃダメよ

どうして、夫婦で古物商許可を貸し借りすることが違法なの?

それには、ちゃんとした理由があるの

妻(夫)の古物商許可で取引をしてはいけない理由

妻や夫の古物商許可で取引をすることはできません。

もし、妻や夫の古物商許可で取引をすると、夫婦両方とも警察に逮捕される可能性があるので絶対にやめましょう。

では、なぜこんなに厳しく規制されているのでしょうか?

そもそも、古物営業法の目的は「盗品の流通防止と早期発見」にあります。

泥棒は盗んだ物を転売してお金に換えるケースが多いことから、転売を許可制にして警察が管理しているのです。

この目的を達成するために、警察は古物商としてふさわしくない人には許可を与えないようにしています。

ですが、妻や夫の古物商許可で取引ができてしまうと、この目的を達成することはできません。

古物商としてふさわしくない人でも取引できちゃうもんね

インターネットを使った取引は注意しましょう

妻や夫の古物商許可で取引をしてはいけません。

中古品の転売をするときは、必ず自分名義の古物商許可を取得しましょう

これは、インターネットを使った取引にもそのまま当てはまります

最近は、メルカリやヤフオクなどのサービスを利用した転売が人気です。

そのため、「つい妻や夫の古物商許可で取引をしてしまう」というケースがよくあります。

ですが、これまで説明したとおり、それは違法です。

例えば、夫が古物商許可を持っているからといって、古物商許可を取得していない妻のアカウントで取引をすることはできません。

もし、妻のアカウントで取引をすると、「無許可営業」となり、警察に逮捕されてしまいます。

そして、このとき夫が妻に自分の古物商許可を貸していた場合は、夫は「名義貸し」となり、同じく警察に逮捕されてしまうのです。

古物商許可を持っている夫のアカウントで妻が取引をすることはできるの?

その場合は、取引をしているのはあくまで夫と判断されるから、無許可営業には当たらないわ。ただし、取引の責任はすべて夫が負うことになるから注意が必要よ

従業員としてであれば取引可能です

古物商許可は申請者ごとに与えられるものです。

そのため、妻や夫の古物商許可で取引をすることはできません。

ただし、従業員としてであれば妻や夫の古物商許可を利用することが可能です。

例えば、妻が古物商許可を持っている個人事業主だとします。

このとき、夫は妻の従業員としてであれば、妻の古物商許可を利用することができるのです。

なぜなら、この取引をしているのはあくまで、古物商許可を取得している妻で、夫はその手伝いをしているにすぎないからです。

この場合、取引に関する責任はすべて古物商許可を持っている妻が負うことになるので、注意が必要です。

あくまで「従業員として古物商許可を利用できるだけ」ってことを忘れないようにしてね

どういうこと?

転売の利益を全部自分のものにしたり、自分で新しい営業所を設置したりすることはできないってことよ

それは従業員とはいえないもんね~

夫婦で古物商許可を取得するのであれば行政書士に依頼しましょう

夫婦で古物商許可を取得するのであれば、行政書士の代行サービスがおすすめです。

なぜなら、行政書士に依頼をした方がスムーズに古物商許可の取得ができるからです。

古物商許可の申請手続きはとても複雑です。

そのため、自分で申請をすると、許可が下りるまでにたくさんの時間が必要となります。

さらに、夫婦で古物商許可を取得する場合は「営業所をどうするか」という問題があります。

古物商許可を申請する場合は、古物取引を行う場所として営業所を届け出なければなりません。

しかし、この営業所は1人の古物商につき1か所が原則です。

ですから、仮に夫が古物商許可を取得している場合、原則として夫が届け出た営業所を、妻がさらに営業所として届け出ることはできないのです。

じゃあ、もし夫が自宅を営業所にしていたら、妻は別の建物を営業所として届け出ないといけないってこと?

そういうことね。自宅以外で古物取引に適した建物を見つけて届け出ないと、古物商許可は取得できないの

このように、夫婦で古物商許可を取得する場合は、そうでない場合と比べて手続きが複雑になる可能性が高くなります

ですが、行政書士に依頼をすれば、専門家ならではの経験とノウハウで、とてもスムーズに許可を取得してくれます。

行政書士に依頼するには費用が掛かりますが、営業所の費用が安くおさまって結果的にお得となったケースもあります。

そのため、夫婦で古物商許可を取得する場合は、行政書士に依頼するのがおすすめなのです。

妻(夫)の古物商許可で取引しても良い? まとめ

妻(夫)の古物商許可で取引をしてはいけません。

古物商許可は取得した人以外は、原則として利用できないからです。

これは夫婦であっても同じです。

もし、妻や夫の古物商許可で取引をした場合、「無許可営業」で警察に逮捕される可能性があります。

さらに、古物商許可を貸した人も「名義貸し」として、警察に逮捕されるおそれがあります。

中古品の転売でお金を稼ぐのであれば、必ず自分名義の古物商許可を取得するようにしましょう。

古物商許可の取得については、行政書士の代行サービスを利用すると簡単に許可の取得ができるのでおすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。