中古車レンタカーのビジネスに古物商許可は必要?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

中古車レンタカーのビジネスには古物商許可が必要なケースがあります。

古物商許可がないまま中古車レンタカーのビジネスをすると、古物営業法違反として警察に逮捕される可能性もあるので絶対にやめましょう。

あれ?古物商許可って中古品を転売するときに必要なんじゃなかったっけ?

そういう声をたまに聞くわね。でも、実は中古品のレンタルビジネスにも必要なのよ

中古車を購入してのレンタカービジネスには古物商許可が必要です

中古車を購入してのレンタカービジネスには古物商許可が必要です。

もし、無許可で中古車を購入してレンタカーのビジネスをすると、古物営業法違反となるので注意しましょう。

最近、中古車を利用したレンタカーを多く見かけます。

中古車を利用すれば、開業にかかる費用も低く抑えることが可能です。

また、新車を購入する人が減り、レンタカーに対する需要が増えていることも理由の一つでしょう。

それほど大きな規模でなければ、気軽に始められるビジネスとして、注目を集めているのです。

ただ、中古車レンタカーのビジネスを始めるには1つ注意しなければならない点があります。

それは、古物商許可を取らなければいけない可能性があるということです。

古物商許可というと、リサイクルショップやせどりのような、中古品の転売ビジネスをイメージする方が多いと思います。

ですが、古物商許可は中古品の販売だけでなく、レンタルビジネスをするときにも必要な資格です。

無許可で営業をしていることが警察にバレると大変なことになります。

必ず事前に古物商許可を取得するようにしましょう。

古物商許可を取らないまま中古車のレンタカービジネスをすると、古物営業法違反になっちゃうわ

古物営業法違反になると具体的にどうなっちゃうの?

無許可で中古車レンタカーのビジネスをすると警察に逮捕されます

中古車を購入してのレンタカービジネスには古物商許可が必要です。

古物商許可は中古品の転売だけでなく、中古品を購入してそれをレンタルするときにも必要となる資格だからです。

もし、無許可で中古車レンタカーのビジネスをすると、古物営業法違反として警察に逮捕されます。

その場合は、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」という重い罰則が科せられることとなります。

また、無許可営業で逮捕されると、その後5年間は古物商許可を取得することはできないというペナルティも受けます。

古物商許可には更新や年会費などはなく、一度取得すれば、生涯ずっと有効な資格として中古品ビジネスに利用することができます。

もし、中古品を扱ったビジネスに興味があるのであれば、この機会に取得しておきましょう。

古物商許可を取得するメリット

古物商許可を取得すると、「事業者用の中古車オークションに参加できる」という大きなメリットがあります。

事業者用の中古車オークションとは、全国の中古車販売業者が参加するオークションのことです。

このオークションでは、人気の車種や状態の良い中古車が、かなりの低価格で取引されています。

そのため、このオークションを利用すれば、中古車の仕入れ費用をかなり抑えることができるのです。

ただし、このオークションは事業者向けのオークションのため、一般の方は利用することができません。

利用するためには、原則として古物商許可が必要となります。

古物商許可を取れば、こんなお得なオークションを利用することができるようになるんだね

オークションによっては、古物商許可以外にも参加条件があるから、事前にホームページなどでチェックしておくといいわ

古物商許可は行政書士に依頼すれば簡単に取得できます

中古車レンタカーのビジネスをするには古物商許可が必要です。

ビジネスを始める前に、必ず古物商許可を取得しておきましょう。

ただし、古物商許可の申請手続きはかなり面倒で時間がかかるので注意が必要です。

申請には、たくさんの難しい書類を用意しなければならず、また、警察による審査などもあるからです。

書類に不備があると申請はやり直しになってしまうため、場合によっては許可が下りるまでに何か月もかかってしまうかもしれません。

そこでおすすめなのは「行政書士に依頼をする方法」です。

行政書士に依頼をすれば、基本的な手続きはすべて代わりにやってくれるので、依頼者はストレスを感じることなく簡単に古物商許可を取ることができます。

しかも、古物商専門の行政書士に依頼をすれば、最短で許可を取ってくれるので、計画通りにビジネスを開始することができるでしょう。

これからビジネスを始めるのであれば、面倒な手続きは行政書士に任せて、自分はビジネスの準備に専念するのが効率的といえます。

中古車レンタカーのビジネスを始めるにはレンタカー事業の許可が必要

中古車レンタカーのビジネスを始めるのに必要なのは、古物商許可だけではありません。

古物商許可の他にも「レンタカー事業許可」が必要なので注意しましょう。

レンタカー事業許可は、正式名称を「自家用自動車有償貸渡業許可」といいます。

自動車を有料で貸し出すビジネスをするときに必要となる資格のことで、貸し出す車が中古車か新車かに問わず必要です。

無許可でレンタカービジネスをすると、100万円以下の罰金と、自動車の使用禁止処分を受ける可能性があります。

中古車レンタカーのビジネスを始めるのであれば、古物商許可と同じく、この許可も必ず事前に取得しておきましょう。

レンタカー事業許可を取得するには、「整備士がいること」や「車庫があること」など、いくつかの要件を充たさなければなりません。

気になる方は、管轄の運輸局か専門家に相談をするとよいでしょう。

中古車レンタカーのビジネスで稼ぐコツ

中古車レンタカーのビジネスで稼ぐコツは、顧客のニーズに合わせたサービスを用意することです。

例えば、大学が近くにあって学生の利用が多い地域では、大勢が乗れるミニバンやワゴン車の人気が高くなります。

また、都市部であれば小回りの利く、小さめの軽自動車の人気が高くなります。

このように、顧客に合わせて中古車を用意すれば、効率的に稼ぐことができるでしょう。

また、料金体系についても、長時間の利用客が多いのであれば、長時間割引サービスを用意すればリピーターが増える可能性があります。

逆に短時間の利用客が多いのであれば、10分単位で料金が発生する仕組みにすれば、他との差別化が図れます。

このように、顧客のニーズをしっかりと調べて、それに合わせたサービスを用意すれば、成功する可能性が高くなります。

中古車レンタカーのビジネスに古物商許可は必要? まとめ

中古車を購入してのレンタカービジネスには古物商許可が必要です。

古物商許可は、中古品の転売だけでなく、中古品を購入してそれをレンタルするときにも必要となる資格だからです。

もし、古物商許可がないまま中古車レンタカーのビジネスをすると、古物営業法違反(3年以下の懲役または100万円以下の罰金)として警察に逮捕される可能性があります。

ビジネスを始めるまでに、必ず取得しておきましょう。

古物商許可の申請は、手続きが複雑でかなり時間がかかるので、効率よく取得したいという方は、行政書士に依頼するのがおすすめです。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。