古物商の許可って何?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

中古品を仕入れて行う商売のことを、古物商(こぶつしょう)といいます。

そして、古物商を行うには、古物商許可という許可が必要です。

最近、Twitterで「古物商」って単語をよく見るんだけど、一体なんだ?

中古品の商売のことね。それをやるには許可がいるのよ。

古物商の許可のことについて、詳しく解説しましょう。

中古品を仕入れて行う商売、「古物商」をするための許可

『古物商の許可』とは、古物商をするために必要な許可のことです。

そもそも、『古物商』とは何かというところから、詳しく解説しましょう。

「古物商」は中古品の商売のこと

『古物商(こぶつしょう)』とは、中古品を売り買いする商売のことです。

古物商をやっている人や、会社のことも、古物商と呼びます。

古物商に当てはまる商売は、例えば、次のようなものがあります。

  • リサイクルショップ
  • 古本屋
  • 中古車屋
  • 中古ブランドショップ
  • 金券ショップ
  • せどり

なるほど~。こういう商売のことを古物商って言うのか~。ん?「せどり」って何だ?

「せどらー」とか、「転売ヤー」って聞いたことない?

あっ、それもTwitterでよく見る!

『せどり』とは通称で、元々古本屋の業界用語だった言葉です。

今では、店舗を構えずに、個人で中古品を売り買いする商売のことを、せどりと呼ぶようになりました。

古本に限らず、どんな中古品をあつかう場合でも、せどりと呼ばれています。

せどりは、中古品だけでなく新品を扱う場合もあります。

せどりをやっている人は、『せどらー』や『転売ヤー』などと呼ばれています。

「転売ヤー」の方は、どっちかと言うと、悪意をこめた呼び方ね。

せどりは、店舗も必要ないですし、インターネットを使えば自宅に居ながらできる商売なので、副業として始める人が増えています。

インターネットだけで行うせどりのことを、『電脳せどり』と呼んだりもします。

古物商って副業でもできるんだ。僕もやってみたいなぁ~。

古物商は、勝手に始めちゃダメなのよ。

古物商をするには古物商許可を取らないといけない

古物商をするには、『古物商許可』という許可が必要です。

許可?誰かにお願いして許しをもらうの?

ザックリ言えばそういうことね。車の運転に免許が要るのと同じようなことよ。

古物商の許可を取らずに、古物商を始めてしまうと法律違反になってしまうので、注意しましょう。

リサイクルショップや古本屋など、店舗型の古物商に許可が必要なことは、割と知られています。

しかし、中古品のせどりに古物商許可が必要なことは、見落とされがちです。

古物商許可の認識が浅くて、許可を取らずに中古品のせどりを始めてしまう人が多いので、特に注意しましょう。

中古品を扱わなければ、せどりを始めるのに古物商許可は不要です。

もし、許可を取らずに古物商を始めたらどうなるの?

逮捕されるかもしれないわよ。

古物商許可を取らないと逮捕される

古物商許可を取らずに古物商を始めると、逮捕される可能性があります。

また、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方という、重い罰則を科せられる可能性もあります。

古物商をやってみたいという人は、始める前に古物商許可を取ることを、絶対に忘れないようにしましょう。

これは忘れたら大変だね!

ところで、こぶ吉は家にある中古品を売ったことはある?

ゲームソフトとかよく売ってるよ。えっ!?もしかして、古物商許可が必要だったの?

不要品の転売に古物商許可は不要

家にある物や、タダでもらった物など、いわゆる不要品の転売には、古物商許可は不要です。

なので、誰でもリサイクルショップなどに物を売ることができるのです。

良かった~。逮捕されるかと思ったじゃないか~。

驚かせてゴメンね。でも、転売するつもりで手に入れた中古品はダメよ。

古物商許可を取らずに転売目的で中古品を仕入れてはいけない

中古品の転売に、古物商許可が必要だと思っている人が多いですが、それは少し間違っています。

正しくは、転売目的で中古品を買い取るのに古物商許可が必要です。

中古品の転売を法律で規制しているのではなく、その一歩前の段階である、中古品を仕入れることを規制しているのです。

家にある物やタダでもらった物の転売に、古物商許可がいらない理由は、転売するつもりで手に入れた物ではないからです。

はじめから転売するつもりで中古品を買って(仕入れて)、それを転売するとき古物商許可を取っていないと、法律違反になります。

と言うより、古物商許可を取らずに転売するつもりで中古品を買う(仕入れる)と、その時点で法律違反なのです。

それはビックリだ!

転売するためではなく、自分で使ったり人にプレゼントするために中古品を買うことは、もちろん、古物商許可を取っていなくても法律違反ではありません。

そっか~。ところでさ、なんで中古品を買い取るとき、わざわざ許可が必要なの?

それはね、盗品が出回るのを防ぐためなのよ。

古物商許可は盗品の流出を防止するための制度

古物商許可は、盗品が市場に流出するのを防止したり、流出してしまった盗品を見つけだせるようにするために作られた制度です。

へぇ~。一体どんな仕組みなんだ?

古物商許可は、警察(公安委員会)が与える許可です。

なので警察は、何処でどんな古物商が営業しているかを、すべて知っています。

警察がなぜ、古物商のことを把握する必要があるかと言うと、古物商のもとには、泥棒が盗品を売りに来る可能性があるからです。

古物商が泥棒から盗品をうっかり買い取ってしまうことになれば、盗品がお金に換えられてしまいますし、古物商は意図せず泥棒になってしまいます。

さらに、古物商が買い取った盗品を販売してしまうと、盗品はまた誰かの手に渡ってしまい、見つけだすのが難しくなってしまいます。

そのため、警察は古物商のことを把握できるようにしておき、窃盗事件が起きたら盗品の特徴を古物商に知らせるようにしています。

前もって古物商に盗品の特徴を知らせておけば、古物商が盗品を買い取らずに済みます。

そして、これ以上の流出を食い止めることができるというわけです。

なるほど~。そんな仕組みになっているのか~。

また、怪しい商品を買い取ったり、怪しい人を接客したりしたときに、古物商の方から警察に連絡することで、警察も気づかなかった窃盗事件を見つけることにも役立ちます。

古物商ってね、買い取った中古品を販売するだけじゃないのよ。

いろんなパターンの古物商がある

古物商は、買い取った中古品を販売(転売)するだけでなく、次のようなパターンの古物商もあります。

  • 買い取った中古品を修理して転売する
  • 買い取った中古品を分解して、部品だけを転売する
  • 買い取った中古品を有料で貸し出す(レンタル)
  • 中古品をもらって、別の物を渡す(交換)
  • 預かった中古品を代わりに販売して、預けた側から手数料をもらう(受託販売)

こういった形態の古物商をする場合も、もちろん、古物商許可を取らないといけません。

古物商許可って、どうやって取るの?

書類を警察署に提出するのよ。

古物商許可の取り方

用意した申請書類を警察署に提出して、警察の審査に通れば、古物商許可を取ることができます。

勉強はどれくらいしたらいいかな?

試験はないわよ。

古物商許可を取るために、試験を受けることはありません。

やることは、書類を提出することだけです。

ただ、いろんな書類が必要で見慣れないものも多いので、入手方法や、記入方法を調べる作業が必要になってくるでしょう。

そういう意味では、ある程度の勉強は必要です。

ちょっと調べてみたけど、思ってたより難しいね…頭がパンクしそうだよ。

古物商許可の申請書類を、正しく用意するのは結構大変です。

ちゃんと用意したつもりでも、警察署で不備を指摘されるということが、よくあります。

不備があれば、また出直さないといけません。

ん~、面倒くさいなあぁ…

そういう人には、行政書士が力になってくれるわ。

行政書士に頼めばすべて代わりにやってくれる

古物商許可の申請書類を用意してくれる、行政書士という専門家がいます。

行政書士に頼めば、申請書類の入手方法や、記入方法を調べる必要はありません。

それどころか、書類を取りに行ったり、記入したりする必要もありません。

そういった作業は、すべて行政書士が代わりにやってくれるのです。

また、行政書士は専門家なので、不備のない書類を確実に用意できます。

なので、何度も警察署に足を運ぶことなく、申請手続きは一発で済みます。

すげーっ!

さらに、オプションを追加すれば、警察署での申請手続きも代わりにやってくれる行政書士もいます

なにーっ!便利すぎるっ!!

書類のことが分からない人や、忙しくて時間がない人にはオススメよ。

古物商の許可って何? まとめ

『古物商の許可』とは、古物商をするために必要な許可のことで、古物商許可といいます。

『古物商』とは、中古品を仕入れて行う商売のことで、古物商をやっている人や会社のことです。

古物商許可を取らずに古物商を始めると、法律違反となり、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方を、科せられる可能性があります。

古物商許可の申請書類の準備は、行政書士に頼むと簡単にできるのでオススメです。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。