せどりとは?必要な資格は?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

せどりとは、物を安く仕入れて、それを仕入れたときより高く転売することで、差額でお金を儲けるビジネスのことです。

せどりでたくさん稼ぐには、中古品を仕入れるのがいいとされています。

中古品を仕入れてせどりを行う場合、古物商許可という資格(許可)が必要になります。

せどりって、最近よく聞くのよね。

流行ってるらしいね~。

せどりは、君たちにもオススメのビジネスじゃ。

せどりとは何かということから、詳しい方法、必要な資格のことなど、せどりに関することを詳しく解説しましょう。

せどりとは?

せどりとは、物を安く仕入れて、それを仕入れたときより高く転売することで、差額でお金を儲けるビジネスのことです。

ビジネスと言うと、ちょっと仰々しく感じてしまいますが、せどりは、とても気軽に始められるものです。

へぇ~そうなんだ~。

せどりは、インターネット環境さえあれば始められるからな。

せどりは、物を安く買って、高く転売するという、単純作業で成り立つビジネスです。

この作業は、インターネット環境があればもっと簡単になります。

ヤフオク!などのネットオークションや、メルカリなどのフリマアプリを使って、物を安く仕入れて、Amazonなどのショッピングサイトで高く販売すればいいのです。

もちろん、仕入れにAmazonを使ったり、販売にメルカリを使ったりと、サイトやアプリをどのように組み合わせても構いません。

また、必ずしもサイトやアプリを使う必要はなく、デパートのセールで物を安く仕入れることもアリですし、転売先をリサイクルショップにするのもアリです。

物を安く仕入れて、高く転売できれば、何でもせどりになるのです。

仕入れから販売までを、インターネットだけで完結させるせどりのことを、電脳せどりと呼ぶこともあります。

そんな呼び方もあるのね。

せどりは気軽に始められるので、副業としてやっている人が多いです。

パソコンやスマホがあれば始められるので、本業が忙しくても、スキマ時間を使うだけでできてしまうのです。

スキマ時間にせどりをやっている人は、「せどりだけで食べていこう」というよりも、「ちょっとお小遣い稼ぎに」というスタンスの人が多いです。

月に数千円~数万円稼げればバンバンザイという人も多く、それぐらい気軽なビジネスなのです。

せどりをやっている人のことを、せどらーと呼んだりもします。

せどらーかぁ~。お小遣い稼ぎになるなら僕もやってみたいなぁ~。

せどらーの中には、お小遣いどころか、大金を稼ぐ人だっているんじゃ。

せどりは気軽なビジネスですが、本腰を入れて取り組めば、大金持ちになることも夢じゃありません。

実際、月に何十万、何百万円と稼いでいるせどらーが、少なからず存在します。

せどりでそこまで稼ぐには、副業として取り組むだけでは難しいでしょう。

大金を稼いでいるせどらーは、他に仕事を持たずに、せどり一本で取り組んでいる人が多いです。

そのようなせどらーも、はじめは副業だったという人がほとんどです。

せどりは、はじめはお小遣い稼ぎでも、経験を積んで、ノウハウを身につけていけば、大金持ちにもなれるかもしれない、夢のあるビジネスなのです。

コラム せどりの語源

せどりは、元々は、古本業界で使われていた言葉でした。

BOOKOFFなど、現代の古本屋は、本の査定がシステム化されていますが、昔の古本屋での本の査定は、店主の目利き力にかかっていました。

そのため、本当は価値がある本なのに、店主がそれを知らずに安く販売することもありました。

そこに目をつけた誰かが、価値があるのに安く売られている本を見つけ出し、それを買い取って、本当の価値を分かっている人に高く売ることを思いついたのです。

それは、いつしか、せどりと呼ばれるようになりました。

なぜ、せどりと呼ぶのかと言うと、掘り出し物の本を探すときに、本棚に並べられた本の背表紙を見て探し出したことから、『背取り』という言葉が生まれたのです。

せどり(電脳せどり)の流れ

せどりの中でも、仕入れから販売までをインターネットだけで完結させることができるものを、電脳せどりといいます。

せどりの中でも特に簡単で、人気もある電脳せどりの方法を、詳しく解説しましょう。

この記事では、電脳せどりで利用されることの多い、ヤフオク!Amazonを使った方法を紹介します。

電脳せどりのおおまかな流れはこうじゃ。

電脳せどりの流れ

  • ヤフオク!で商品を仕入れる
  • 仕入れた商品の販売価格を決める
  • 仕入れた商品をAmazonに出品する
  • 購入者に商品を発送する

1. ヤフオク!で商品を仕入れる

はじめに、せどりで販売する商品を仕入れます。

せどりで扱う商品は、中古品が最適です。

なぜかと言うと、安く仕入れやすくて、仕入れ値より高く売りやすいからです。

なるほどね。

せどりは、絶対に中古品を扱わないといけないわけではありません。

新品を扱うせどりもあります。

せどり上級者は、商品の特性を考えて、中古品や新品を使い分けるんじゃ。

せどりの仕入れ先でオススメなのはヤフオク!です。

日本人のほとんどは、ネットオークションと言えば、ヤフオク!を最初に思いつくでしょう。

ヤフオク!はそれぐらい知名度のある、日本最大手のネットオークションです。

最大手のネットオークションなら、たくさんの中古品が出品されるわけなので、使わない手はありません。

仕入れのポイント

仕入れをやみくもにやっても、儲かることはありません。

仕入れをするときは、2つのポイントに気をつけながら行うとよい。

仕入れのポイント

  • 平均的に売れている商品かどうか
  • 利益が出る商品かどうか

せどりの仕入れは、ヤフオク!がオススメですが、販売はAmazonがオススメです。

販売にAmazonがオススメな理由は、後ほど解説します。

Amazonで販売するとなれば、Amazonで売れやすい商品を仕入れるのが一番です。

Amazonで売れやすい商品の見つけ方は分かるかな?

分かった!Amazonランキングを見るんでしょ。

それだけでは不十分じゃな。

(2020/7/2 追記)残念ながら、モノレートは2020/06/30をもって閉鎖されました。

Amazonで売れやすい商品を見つけるには、モノレートというサイトを使います。

モノレートでは、Amazonで販売されている商品の、価格やランキングなどのデータを見ることができます。

ランキングは、数ヶ月前までさかのぼって見ることができるので、Amazon内で見るランキングよりも幅広いデータを知ることができます。

ランキングをAmazon内で見るだけでは、売れやすい商品は正確には分かりません。

たとえ、今、100位の商品でも、短時間にたくさん買われたら、5分後には1位になっている可能性もあるからです。

Amazonランキングは、リアルタイムで更新し続けられているわけではありません。

なので、同じ商品の同じ日のランキングでも、ランキングが更新されるタイミング次第で、1位になることもあれば、100位になることもあるかもしれないのです。

それは落とし穴ね。

そこで、せどりの仕入れでは、モノレートを使って、直近数ヶ月のランキングの平均値を見ます。

一定期間のランキングの平均値が分かれば、Amazonで売れやすい商品を見つける精度がグッと上がります。

平均的に上位をキープしている商品を仕入れればいいんだね。

人気すぎても良くないんじゃよ。

ランキング上位の商品は、値段の変動が起きにくいです。

せどりは、買うときと売るときの差額で儲けるビジネスですから、利益を出すためには、仕入れ値を安くおさえることが重要です。

人気すぎる商品は、中古でも値段が下がりにくいです。

新品と大して変わらない値段で商品を仕入れても、大した利益は見込めません。

利益を得るために販売価格を高くしても、高すぎる商品は買ってもらえません。

なので、平均的な価格で売っても十分な利益が出る商品を、探す必要があります。

そのような商品のランキングは意外と、ズバ抜けて高いものではありません。

目安としては、10万位~20万位ぐらいだとされています。

過去数ヶ月の間に、平均して10万位~20万位ぐらいに入っている商品は、適度な価格の中古品が見つかりやすく、かつ、Amazonに出品したときに売れやすい商品です。

2. 仕入れた商品の販売価格を決める

せどりで出品する商品を仕入れたら、次は、販売価格を決めます。

ここでも活躍するのがモノレートです。

モノレートでは、Amazonでの販売価格の最安値を見ることもできます。

同じ状態の同じ商品なら、当然、安い方が売れやすいです。

なので、販売価格は、最安値に近い値段に設定するといいです。

最安値より1円だけ安くして、自分の商品を最安値にしたらどう?

おっ!いいアイデアだね!

フフッ、君たちは甘いな。

最安値より1円安く出品するせどらーが、時折います。

一見、良さそうなやり方ですが、これをすると、せどらーたちは共倒れする恐れがあります。

一人のせどらーが最安値より1円安く出品すると、これに負けじと、ライバルがさらに安く出品し、また別のライバルがさらに安く出品するという流れになることがあります。

これが繰り返されれば、その商品の相場はどんどん下がります

そうなると、元々の相場で販売している商品は売れにくくなります

最安値の商品は売れやすくはなるでしょうが、元々の相場よりも利益が落ち込んでしまいます

なので、せどりの販売価格を、最安値より低く設定するのは良くないのです。

いいアイデアだと思ったんだけどなぁ…

販売価格は、どんなに安くても、最安値と同じ価格までにとどめることが肝心です。

また、利益を考えると高い価格で販売したくなりますが、最高値は超えないようにしましょう。

最高値より高い価格で販売しても、売れる可能性は低いです。

そっか~。

販売価格を決めるときは、商品の状態も考慮しましょう。

中古品は、同じ商品でも、次のようなポイントがどうなっているかによって、値段が変動します。

  • 傷や汚れの程度
  • 箱があるかどうか
  • 付属品がそろっているかどうか
  • 壊れているかどうか

新品と大差がないくらい状態のいい商品なら、高くても売れるでしょうし、損傷の激しい商品なら、かなり安くしないと売れないでしょう。

ちょうどいい落としどころを判断して決めるんじゃ。

3. 仕入れた商品をAmazonに出品する

Amazonで売る商品の販売価格を決めたら、次は出品です。

出品するときは、商品の状態を、包み隠さず正直に伝えるようにしましょう。

Amazonに限らず、中古品を扱うショッピングサイトの商品ページには、商品の状態を説明する欄があります。

Amazonの中古品の商品ページでは、まず、ざっくりと、次の4段階で状態を説明します。

  • ほぼ新品
  • 非常に良い
  • 良い

4段階の評価は、できるだけ主観を持ち込まずに、客観的に判断するようにしましょう。

次に、文章で状態を説明する欄があります。

ここでも、商品の状態を正直に書きましょう。

でも、書き方は工夫しよう。

例えば、中古のデジカメの商品説明が、このように書かれていたらどうでしょう?

比較的、良い状態です。

これだけの文章では、商品の状態をイメージしづらいです。

状態は悪くはないんだろうけど…比較的って、どれぐらい良い状態なの?

見た目の状態が良いのか、動作の状態が良いのかも、イメージできないね…

商品の説明は、商品を買う人の気持ちになって書くことが大切です。

Amazonで中古のデジカメを買いたい人は、何を気にして商品を選ぶのか、それをいくつか考えて、より知りたいであろう情報から優先的に書くと、良い説明文になります。

Amazonで中古のデジカメを買うときは、こういったことが気になるのではないかのぉ。

商品説明に書くべき情報

  • ちゃんと動作するのか
  • 付属品はついているのか
  • キズや汚れはあるのか
  • 説明書や箱はついているのか
  • 注文から何日ぐらいで受け取れるのか
  • 保証はあるのか

商品を買う人が知りたいであろう情報を挙げたら、その中でも一番知りたいであろう情報を説明文のはじめに書きます。

それ以降は、優先順位の高そうな情報から順番に書いていきます。

なぜ、そのような順番で書くかというと、Amazonの商品ページでの商品説明の欄は、文章の前半しか表示されないからです。

『続きを読む』をクリックすることで、説明文がすべて表示される仕組みです。

大事な情報ははじめに書いておけば、『続きを読む』をクリックしなくても読んでもらうことができるのです。

なるほどね~。

先ほど挙げた、商品説明に書くべき情報の例だと、『ちゃんと動作するのか』から順番に書いていくといいでしょう。

Amazonの商品説明欄の文字数には限りがあって、330文字です。

なので、あまり丁寧に書きすぎると収まらないので、簡潔に書きましょう。

かと言って、ラフすぎる文章でも良くないので、適度なですます調で書くといいです。

これらをふまえて説明文を書くと、こんな感じになります。

動作は確認済みです。付属品は全て揃っています。本体に若干傷があります。説明書、箱もついています。注文から2~4日程度で配送予定です。万が一商品に不具合があれば返金対応いたしますので、ご安心ください。

これなら、商品をイメージしやすいわね!

安心して、このお店から買おうって思えるよ。

ワシに言わせりゃ80点じゃな。この説明文は、あとひと工夫でもっと良くなるぞ。

『本体に若干傷があります。』と、商品の状態を正直に書くことは、先述したように、たしかに大事なことです。

ですが、悪い情報のあとには、良い情報をちょっとつけ足すだけで、説明文の印象をガラッと変えることができます。

例えば、このようにすると良いでしょう。

本体に若干傷がありますが、全体的に綺麗な状態です。

これを、順番を逆にするのは禁物です。

全体的に綺麗な状態ですが、本体に若干傷があります。

人間の心理として、『悪い情報→良い情報』と、『良い情報→悪い情報』とでは、『悪い情報→良い情報』の方が良い印象を与えるのです。

悪い情報のあとに良い情報を書く際は、もちろん、ウソの情報は書いてはいけません

そして、もうひと工夫。

本体に若干傷がありますが、全体的に綺麗な状態です。
 ↓
本体に若干キズがありますが、全体的にキレイな状態です。

このように、同じ文言でも、表記を変えるだけで印象が変わります。

『若干傷』と漢字が連なると、熟語に見えて少し読みにくくなるので、『キズ』とカタカナで表記するといいでしょう。

『少し傷』、『少しキズ』などと書くのもアリです。

また、『綺麗』と画数の多い字を使うよりは、『キレイ』と表記する方が柔らかい印象を与えます。

すご~い!こんなに印象が変わるのね。

そして、最後にもうひと工夫です。

『動作は確認済みです。付属品は全て揃っています。…』と、情報をただ連ねるよりは、情報ごとの区切りをハッキリ分かるようにすると、より読みやすくなります。

例えば、『◆』などの記号を使って、このように書きます。

◆動作は確認済みです◆付属品は全て揃っています◆本体に若干キズがありますが、全体的にキレイな状態です◆説明書、箱もついています◆注文から2~4日程度で配送予定です◆万が一商品に不具合があれば返金対応いたしますので、ご安心ください

これで100点の説明文じゃな。

グッと読みやすくなったね!

区切りに使う記号は『●』などでも構いません。

ただ、『◇』『〇』のような白抜きよりも、『◆』『●』のような黒塗りの方がより映えるので、黒塗りにするといいです。

メルカリで商品を売る場合は、商品説明はAmazon以上に大事じゃ。

メルカリの場合、商品説明の文字数の上限は1000文字もあるので、たくさんの情報を書くことができます。

ビッシリと細かい情報を書く人もいますが、それは、あまり良い例ではありません。

情報が多いことは一見、相手にとって親切ですが、長い文章はちゃんと読んでもらいにくく、かえって不親切です。

メルカリでは、最低限の情報にしぼって、簡潔な文章で、改行を多めに使うと、読みやすい説明文になります。

メルカリでの商品説明文は、商品をアピールする大事なポイントなので、意外とあなどれません。

4. 購入者に商品を発送する

Amazonに出品した商品が売れたら、購入者に商品を発送します。

Amazonで商品が売れたら、自分のアカウントの管理画面で、納品書が発行されます。

納品書には、購入者の住所などの情報が書かれています。

納品書に書かれた住所あてに、自分で発送の手配をして、商品を発送します。

商品の発送って、手間がかかりそうね…

毎年、親戚にお歳暮を送ってるけど、それだって結構、大変だよなぁ…

Amazonには、それを解消する便利なサービスがあるんじゃよ。

せどりにオススメのサービス FBA

せどりを本格的にやるなら、販売はAmazonで行うのがオススメです。

Amazonには、FBAというサービスがあるからです。

FBAとは、Fulfillment By Amazon(フルフィルメント・バイ・アマゾン)の略で、販売に関することをAmazonが代行してくれるサービスです。

FBAを利用すると、出品している商品が売れたとき、商品の発送をAmazonのスタッフが代わりにやってくれます。

すご~い!

どんな仕組みになってるの?

Amazonが商品を発送してくれると言っても、Amazonのスタッフが自宅まで商品を集荷しに来
るわけではありません。

FBAに登録したら、自分が販売する商品を一旦、まとめてAmazonの倉庫に送ります

倉庫への発送は、自分で手配するしかありません。

倉庫に送る量に制限はないので、小さな商品1つでもいいですし、トラックいっぱいの商品をまとめて送ることもできます。

倉庫に送る商品が多い人は、宅配業者の集荷サービスを使うといいでしょう。
配達員が自宅まで商品を引き取りに来てくれるので便利です。

商品をAmazonの倉庫に送ったら、あとはAmazonのスタッフにおまかせです。

商品の注文が入ったら、倉庫に送った商品の中から、Amazonのスタッフが注文の商品をピックアップして、梱包をして、発送の手配まで、すべてやってくれます。

FBAを使ったら、自分でやることは、Amazonの倉庫に発送するだけってこと!

なんて便利なサービスなんだ!

だから、せどりの販売はAmazonで行うのがオススメなんじゃよ。

FBAで利用できるサービスは、発送の代行だけではありません。

FBAを利用すると、自分の商品にprime(プライム)マークを表示することができます。

primeマークがついた商品は、商品の検索画面で上位に表示されます。

同じ商品なら、上位に表示された商品から買われる傾向にあるので、自分の商品を買ってもらいやすくなります。

表示順位は大事よね。

また、Amazonで商品を買うときの支払い方法には、次のようなものがあります。

  • ★クレジットカード
  • ★Amazonギフト券・ショッピングカード
  • ★請求書払い
  • ★携帯決済
  • コンビニ決済
  • 代金引換
  • Edy払い

これらの支払い方法は、どれでも自分が出品した商品に提供できるわけではありません。

FBAを利用せずに商品を出品した場合、★マークのついた4種類の方法しか提供することができません。

FBAを利用すれば、すべての支払い方法を提供することができます。

代金引換は、FBAを利用していても、小口出品だと提供できません。
大口出品で、かつ、ある程度の販売実績がないと提供できません。

 
お客様の中には、クレジットカードを使いたくない人や、そもそもカードを持っていない人もいます。

また、あえて代金引換を利用して、宅配業者の送り状を領収書代わりに保管しておきたい人などもいるので、いろんな支払い方法を提供できると、お客様からの好感度が高くなります。

僕は現金主義だから、代金引換はありがたいサービスだなぁ~。

FBAを利用すると、倉庫に預けている商品の保管手数料や、商品が売れたときに発生する、発送の代行手数料といった手数料がかかります。

これらの手数料は、保管している日数や、保管している時期、商品の大きさや、重さによって変わります。

便利なサービスは、それなりにお金がかかることを忘れてはいかん。

せどりで扱う商品は中古品が最適

せどりは、物を安く仕入れて、高く転売するビジネスです。

となると、せどりで効率よく稼ぐには、安く手に入って高く売れる物を扱うのがいいと言えます。

安く手に入って高く売れる物と言えば、中古品です。

同じ物を、新品で買う場合と、中古品で買う場合を比べると、中古品の方が安いということは、みなさんお分かりのことでしょう。

それはそうだけど、中古品なんて高く売れないでしょ。

中古品は、安く手に入るだけでなく、意外と高く売ることもできます

といっても、中古品はピンキリです。

30年使いまくったボロボロのスーパーファミコンは、あまり高く売ることはできないでしょう。

でも、一度しか使っていないピカピカのNintendo Switchなら、結構高く売ることができます。

このように、中古品なら何でも高く売れるわけではありませんが、高く売れる商品をうまく見定めることができれば、中古品は、せどりに最適な商品なのです。

新品を扱うせどりもあります。

たしかにそうだね!

じゃが、中古品のせどりを行うとき、気をつけることがあるんじゃ。

実は、中古品のせどりは、勝手にやってはいけないことです。

中古品のせどりを行うには、古物商許可という資格(許可)が必要なのです。

えっ!?そうなの!

古物商許可のことを、もっと詳しく解説するとしよう。

中古品のせどりには古物商許可が必要

中古品のせどりを行うには、古物商許可という資格(許可)が必要です。

古物商許可とは、中古品を転売目的で仕入れるための資格(許可)です。

ちなみに、古物商許可を『資格』と呼ぶことがありますが、正式には『許可』です。

資格は、試験を受けて合格しないと取れないものですが、許可に試験などはありません。

古物商許可は、試験勉強などをしなくても、取ることができます。
取り方は、後ほど解説します。

古物商許可は、一般的に、リサイクルショップなど、中古品を扱うお店が取る許可ということで知られています。

他にも、こんなお店を営業するには、古物商許可が必要じゃ。

  • 骨董品屋
  • 古本屋
  • 中古車屋
  • 中古ブランド屋
  • 金券ショップ

中古品を扱う店舗型のお店に、古物商許可が必要だということは、割と知られているのですが、中古品のせどりにも古物商許可が必要だということは、見落とされがちです。

中古品のせどりは、中古品を転売するために仕入れているわけじゃろ?

先述したように、古物商許可は、中古品を転売目的で仕入れるための許可です。

中古品のせどりにおける仕入れは、古物商許可の趣旨にピッタリ当てはまっているので、中古品のせどりには古物商許可が必要なのです。

そうなのね!

古物商許可を取らないと逮捕される

もし、中古品のせどりを、古物商許可を取らずに行ったら、逮捕される可能性があります。

中古品を売り買いするビジネスに、古物商許可が必要だということは、法律で決められていることです。

なので、守らないことは法律違反ということになります。

犯罪なのか!

罰則も厳しいんじゃぞ。

古物商許可を取らずに、中古品のせどりを行ったら、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が科せられる可能性があります。

ひえぇ~!

これは気をつけなくちゃ!

古物商許可の申請は行政書士に頼むのがオススメ

古物商許可を取るために、試験などを受ける必要はありません。

古物商許可は、必要な書類をそろえて、警察署に申請して、審査に通れば取ることができます。

書類を集めればいいってことか!

意外と簡単そうね。

古物商許可を取るためにすることはシンプルなのですが、意外と一筋縄ではいかないものなのです。

必要な書類は種類が多い上に、申請する人の状況によって異なるので、まず、自分に必要な書類を判断する必要があります。

また、書類は普段、見慣れないものが多いので、知識がないと何が何だか分からないでしょう。

それに、書類の中には、役所でもらうものがあります。

役所は平日の日中にしか開いていませんから、この時間に働いている人にとっては、時間を作るのが難しいです。

なんとか書類をそろえても、警察署で不備を指摘されて、申請を受け付けてもらえないということも、よくある話です。

書類に不備があれば、また書類をそろえることからやり直しです。

なんか、思ったより大変そうね…

そうだね…僕は、ひとりで申請できる自信はないなぁ…

そんな君たちに、とっておきの専門家を紹介しよう。

古物商許可の申請は、行政書士にまかせるのがオススメです。

行政書士は、必要な書類をすぐに判断して、代わりに書類を集めてくれます

えっ!?自分で集めなくていいの!

そして、警察署への申請も代わりにやってくれる行政書士もいます

行政書士はプロなので、書類に不備が見つかることもなく、一発で申請を通してくれます

行政書士にまかせるだけで、こちらは基本的に特に何もすることなく、古物商許可を取れるのです。

何もしなくていいなんて!便利すぎる!

古物商許可の申請には、手数料が1万9千円かかります。
行政書士に頼む場合も同じです。

行政書士を利用すると、当然、行政書士への報酬も発生します。

行政書士に古物商許可の申請を頼むときの報酬の相場は、4~6万円です。
申請手数料と合わせると約6~8万円かかるということになります。

決して安い金額ではないが、ものは考えようじゃ。

費用をかけてでも、楽に許可を取りたいなら、行政書士に頼んだ方がいいででしょう。

費用を安くおさえるためなら、労力を惜しまないのであれば、自分で申請するのもアリです。

自分に合った方法を考えて、申請するといいでしょう。

せどりの極意

せどりは、物を安く仕入れて高く売るというだけの、とてもシンプルなビジネスです。

誰でもできるので、簡単に稼げるビジネスとして、よく紹介されています。

世の中をナメたらいかんぞ。この世に簡単に稼げるビジネスなどない!

せどりは、決して簡単に稼げるわけではありません。

たくさん稼ぐには、それなりの労力が必要です。

えー、ホントに?

もー、ドクターったら、ライバルを増やさないようにしてるんでしょ。

たしかに、せどりをやっている人の中には、せどりは簡単に稼げるビジネスだと感じている人もいるでしょう。

それは結局、その人がせどりに向いているというだけです。

せどりは、シンプルなビジネスゆえに、単純作業が多いです。

単純作業が苦手な人がせどりに取り組めば、大抵は「もうヤダ!」と音を上げてしまうでしょう。

僕は、ジグソーパズルなんかをやると、発狂しそうになるよ。

全然、せどりに向いてなさそうね…

逆を言えば、せどりに向いている資質がある人は、せどりで稼げる可能性のある人です。

ですが、せどりに向いている人であっても、努力なくしては、せどりでたくさん稼ぐことは難しいです。

せどりは、リサーチが肝心です。

リサーチですべてが決まると言っても、過言ではない。

リサーチでは、ただ安い物を見つけるだけではダメです。

それがどんなにステキな商品でも、需要がなければ売れません。

なので、先述した、モノレートなどを使って、多くの人が買ってくれそうな物を見つけないといけません。

需要があるものを見つけて、その中から安い物を見つけないといけないのか~。

安くて需要のある物を見つけたとしても、それを扱っているライバルが多ければ、売るのはなかなか難しいでしょう。

えー、じゃぁ、どうすればいいのよ。

例えば、ライバルせどらーに人気の商品が電化製品なら、その周辺機器など、人気商品に関連のある物は、結構、穴場だったりします。

そういう物を狙ってみると、掘り出し物にめぐり会うかもしれません。

せどりに最適な商品を見つけても、リサーチはやめたらいかんぞ。

売れる商品を見つけたとしても、その商品は一生、売れ続けるわけではありません。

人気がなくなるときが、いつかは訪れます。

リサーチをサボってしまったら、今まで売れた物が売れなくなったときに、対応できなくなってしまします。

なので、売れる商品の情報は、常にリサーチしていかなくてはなりません。

また、世の中の変化にも敏感になることも大事です。

特に、ファッションなんかは、昔、流行ったものが再び流行る、リバイバルブームが起こりやすい分野です。

今は、古くさくて売れ残ってしまうデザインの古着が、数ヶ月後には大流行して、手に入らなくなることだって、あり得ます。

気にするべき世の中の変化は、流行だけではありません。

せどりに関係のある法律が改正されたり、せどりや古物商のルール変更があれば、それまで通用していたノウハウが使えなくなることもあり得ます。

そのときそのときの、時代に合った取り組み方を研究していかないと、せどりでたくさん稼ぎ続けるのは難しいでしょう。

せどりって、奥深いのね。

僕はもうお手上げだよ。

挑戦する前にあきらめる者に成功などない!

せどりの大変さを知ると、興味があった人でも、始めるのをためらってしまう人もいるでしょう。

そんな人でも、とりあえず挑戦してみるべきです。

せどりは、一般的なビジネスに比べて、圧倒的に初期投資が安く済みます。

会社を作ったり、店舗を借りたりしなくても始められるので、はじめに必要な資金は、商品の仕入れの資金だけです。

割引券や、ポイントカードなどを使って商品を仕入れれば、極端な話、0円で始められるビジネスです。

はじめから一気に稼げる人なんて、ほとんどいません。

まずは試しに、安い物をひとつでもいいから仕入れてみて、転売してみるといいです。

厳密にはせどりとは言わないですが、練習がてら、家にある不要品を売ってみるのもいいでしょう。

もし、それで全然稼げなくても、大損することはないので大丈夫です。

せどりは、結局やってみたもん勝ちです。

挑戦すれば稼げる可能性はありますし、挑戦しなければ絶対に稼げることはありません。

ちょっと取り組んでみて、向いていると思えば、徐々にステップアップしていけばいいですし、向いてないと思えば、いさぎよくあきらめて、向いているビジネスを探せばいいのです。

そっか…よし!僕も挑戦してみよう!

せどりとは?必要な資格は? まとめ

せどりとは、物を安く仕入れて、それを仕入れたときより高く転売することで、差額でお金を儲けるビジネスのことです。

せどりの大まかな流れは、次のようになります。

  • 商品を仕入れる
  • 仕入れた商品の販売価格を決める
  • 仕入れた商品を転売する
  • 購入者に商品を発送する

せどりで扱う商品は、中古品が最適です。

ただ、中古品のせどりを行うには、古物商許可が必要です。

古物商許可を取らずに、中古品のせどりを行うと、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が、科せられる可能性があります。

古物商許可の申請は、行政書士に頼むと、手続きが簡単になるのでオススメです。

せどりは、単純作業が好きな人に向いているビジネスです。

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問、書類の記入方法にご回答は致しかねます。

※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。