書籍商って何?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

中古のマンガや雑誌を売ってお小遣い稼ぎがしたいなぁ~

書籍商のことね

書籍商?

皆さん、書籍商という言葉をご存じでしょうか?

古本や古雑誌などを転売してお金を稼ぐビジネスをすることをいいます。

例えば、ブックオフや古本市場は書籍商にあたります。

書籍商は個人でも始めやすいビジネスモデルの1つです。

ですが、注意しなければならない点があり、ルールを破ると警察に逮捕されるおそれもあります。

今回は、書籍商について詳しく説明をします。

書籍商とは古本の転売ビジネスのことです

皆さんは「書籍商」という言葉について、あまり馴染みがないと思います。

ですが、書籍商はすごく身近な存在なんです。

書籍商とは、古本の転売ビジネスのことをいいます。

有名な店舗だとブックオフや古本市場などがありますね。

書籍商は会社や法人に限られません。

個人で古本を転売する場合でも、それがビジネスとして行われているのであれば、それは書籍商にあたります。

例えば、ヤフオクやアマゾンに中古のマンガや雑誌を出品してお金を稼ぐ行為も、すべて書籍商です。

書籍商の意味はだいたいわかったけど・・・
書籍商かどうかってそんなに大事なことなの?
書籍商にあたるかどうかで何か違いがあるのかなぁ?

実は、書籍商にあたるかどうかってすごく大事なことなのよ。
その辺りを次で詳しく説明するわ

書籍商になるには古物商許可が必要

書籍商とは古本などの転売ビジネスを行うことをいいます。

会社でも個人でも古本の転売ビジネスをしている場合は、書籍商にあたります。

そして、すべての書籍商に共通していえることは、書籍商になるにためには古物商許可が必要だということです。

古物商許可~?

古物商許可というのは、中古品(古物)の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

書籍商になるには、まず古物商許可を取得することが絶対条件なのです。

もし、その許可を取らなかったらどうなるの?

もし、古物商許可を取得せずに古本などの転売ビジネスをした場合、古物営業法違反として警察に逮捕されます。

警察に逮捕された場合、罰則は「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金」とかなり重いので注意が必要です。

なんで書籍商になるのに古物商許可が必要?

なんで、古本を転売するのにわざわざ許可が必要なの?

古物営業法の目的は「盗品の流通防止」「盗品の早期発見」にあります。

古本の転売を許可制にすることで、警察が古本の流通を管理し、泥棒が盗んだ本を売りにくくしているのです。

ちゃんと理由があるんだねぇ

だから、無許可の転売には重い罰則が科せられるのよ

不用品の処分に古物商許可は不要です

古物商許可はあくまで転売ビジネスをするときに必要な資格です。

ですから、古本の売買をする場合でも、それがビジネスにあたらなければ許可はいりません。

例えば、

  • 引っ越しするのでいらない古本をメルカリに出品する
  • 購入したマンガが読み終わったのでブックオフで売る
  • 友人に雑誌をタダで貰ったけどいらないのでヤフオクで売る
  • 学校を卒業したので教科書をメルカリで売る

のようなケースでは、転売ビジネスといえないため、古物商許可は不要です。

古物商許可を取得するときの注意点

品目は「書籍」を申請

書籍商として古本の転売ビジネスをするには古物商許可が必要です。

古物商許可を取得するときは「品目」に注意しなければなりません。

品目って何?

法律上「古物」は13の種類に分類されています。

その種類のことを専門用語で品目といいます。

13の品目とは以下の通りです。

  • 美術品類
  • 衣類
  • 時計・宝飾品
  • 自動車
  • 自動二輪車及び原動機付自転車
  • 自転車類
  • 写真機類
  • 事務機器類
  • 機械工具類
  • 道具類
  • 皮革・ゴム製品類
  • 書籍
  • 金券類

古物商許可を申請するとき、自分で扱おうとする品目をこの13個の中から選んで申請をします。

選んだ品目以外の古物は扱うことができないので、品目は慎重に選ぶ必要があります。

書籍商をするのであれば、「書籍」を選んで申請をします。

もし、他の種類の古物も転売したい場合はどうすればいいの?

品目は複数申請することもできます。

ですから、ブックオフのように書籍商のほか、CDやDVDも扱いたいのであれば、「書籍」と「道具類」を申請することになります。

CDやDVDは道具類に含まれるんだ

道具類には、生活雑貨や楽器、おもちゃなど広い物品が含まれるわ。
もし、この他にも品目の内容を知りたいのであれば、行政書士という専門家がいるから聞いてみるといいわよ

面倒な手続きは専門家に任せる

早く許可を取りたいんだけど、まずは何からすればいいかなぁ

古物商許可の申請は、必要な書類を用意すれば自分ですることも可能です。

ですが、「早く許可を取りたい」「簡単に許可を取りたい」という方は、行政書士に代行を依頼するのがベストです。

古物商許可の申請手続きは、とても複雑でややこしいので、自分でやると手間と時間がかかります。

中には半年かかってもまだ許可が下りないという方もいます。

ですが、古物商の専門家である行政書士に依頼をすればそんなことはありません。

必要な手続きはすべて任せっきりで、最短で許可を取ることが可能なのです。

面倒な手続きが苦手だという方には、行政書士の代行サービスがお勧めです。

古本ビジネスの注意点

薄利多売のビジネス

書籍商は薄利多売のビジネスです。

古本はそもそもの単価が安く、また、プレミアもそれほど付かないためです。

1回の取引で得られる利益は、通常は数百円、レアな書籍でも2〜3千円といったところだと思います。

ですから、古本の転売ビジネスで安定的に稼ぐには、とにかく取引回数を増やすしかありません。

ですが、取引回数を増やすためには、たくさんの在庫が必要です。

場合によっては、自宅の保管では間に合わず、別の部屋などを借りなければならなくなる可能性もあります。

慎重に販売計画を立てつつ仕入れを行うことが重要だといえます。

【古物商 実務解説】書籍・古本の買取価格の相場・決め方
【古物商 実務解説】書籍・古本の販売価格の相場・決め方

ライバルが多いジャンル

書籍商は転売初心者でも始めやすいビジネスモデルです。

ですが、それは逆にいうとライバルが多いということを意味します。

そのため、人気のある商品では他の出品者と値段の差がつきにくく、あまり売れないということがあります。

ですから、あえてあまり人気のないジャンルの古本を扱うというのも1つの手です。

どんなジャンルでも必ずマニアがいます。

それに人気のないジャンルの古本は、発行部数自体がそれほど多くないため、ライバルも少ないというメリットがあります。

書籍商って何? まとめ

書籍商とは、古本の転売ビジネスのことをいいます。

書籍商を始めるには、古物商という許可が必要です。

もし、古物商許可なく古本の転売ビジネスをすると警察に逮捕されるおそれがあります。

古本の転売ビジネスをするのであれば、絶対に許可を取得しましょう。

古物商許可を取得する際は、品目に「書籍」を選ぶことに注意をしましょう。

許可の申請は自分ですることもできますが、簡単に許可を取りたいという方は、専門家に依頼するのがよいでしょう

古物商許可の申請手続きは複雑で、自分でやるといつまで経っても許可が下りない可能性があるからです。

最近ではLINEで依頼を受けている行政書士もいるようなので、気になる方は一度調べてみるとよいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え




必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。