オートバイ商って何?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

『オートバイ商』をご存知でしょうか?

オートバイ屋さん?

オートバイ商とは、中古のオートバイや原付バイク、そのパーツを売り買いする商売です。

オートバイ商について、もっと詳しく解説しましょう。

オートバイ商は、オートバイやオートバイのパーツをあつかう古物商

中古品を売り買いする商売のことを古物商(こぶつしょう)といいます。

例えばどんな商売でしょうか?

中古品を売り買いでしょ…
リサイクルショップとか!

古本屋に、古着屋も!

リサイクルショップ、古本屋、古着屋、どれも中古品を売り買いする商売なので、古物商です。

他にも、古美術店や、金券ショップなど、古物商の種類はさまざまです。

ちなみに、古物商をしている人、会社のことも古物商と呼ぶこともあります。

また、お店をかまえずに、自宅などでインターネットを使って中古品を売り買いする商売も、古物商です。

古物商は、あつかう商品によって呼び方が分かれます。

中古のオートバイや原付バイク、そのパーツをあつかう古物商のことをオートバイ商といいます。

この、あつかう商品ごとの呼び名は、全部で13種類あります。
後ほど詳しく解説します。

許可を取らずに古物商になるのは法律違反

古物商になりたくても、勝手になってはいけません。

古物商になるためには、許可を取らなければいけません。

なんていう許可~?

古物商になるために必要な許可を古物商許可といいます。

そのままだね。

覚えやすくていいじゃない。

これは古物営業法という法律で決められていることです。

もし、古物商許可を取らずに、古物商の営業を始めてしまったら逮捕される可能性があります。

それは大変だ!

これは無許可営業という違反で、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、もしくは両方が科せられる可能性があります。

大変!罰も重いじゃない!

オートバイ商はもうからない!?

オートバイに乗る人はどんどん減っています。

80年代ごろはバイクブームが起きるほどに流行っていましたが、同時に事故が増えたり、暴走族の迷惑行為が目立ったりしたため、『三ない運動』なる社会運動も起きました。

三ない運動とは、高校生にオートバイや車の免許を取らせたり、オートバイや車を買わせないようにする運動のことです。
『免許を取らせない』『買わせない』『運転させない』のスローガンから三ない運動と呼ばれました。

当時の高校生はかわいそうだね…

三ない運動の影響もあってか、オートバイ人口はどんどん減っていき、今では若い世代はほぼ乗らなくなりました。

若い世代は、生まれたころから交通機関が発達していてオートバイに乗る必要性が特にないですし、維持費を払ってまでオートバイを持つぐらいなら、他のことにお金をまわしたいと思うものなのです。

分かる~。私もそう思う。

一方で、50代以上のオートバイ人気は年々高まっています。

バイクブームの時代に青春を過ごしてオートバイに憧れた世代が、お金や時間に余裕ができた今、休日にツーリングなどを楽しむのです。

このように、今、オートバイは移動手段としての使われ方ではなく、趣味のために乗るものという感覚が強まっています。

でも、趣味でオートバイに乗る層のおかげでオートバイ業界はもうかっているかというと、そうでもなく、オートバイの販売台数は年々減っています。

オートバイ商のビジネスはこれからどんどんきびしくなるかもしれません。

オートバイ商で成功するには、世の中の風向きを見きわめて、新しい工夫を取り入れていく必要があるでしょう。

きびしい状況を逆手に取るのもアリかもね!

例えば?

それが思いついたら、僕は今ごろお金持ちだよ…。

オートバイ商が持っていると得する資格や許可

オートバイ商は、古物商許可を取ればなることができますが、プラスアルファで持っているといい資格や許可、届出があります。

二輪自動車整備士

二輪自動車整備士は、一般的にバイク整備士などと呼ばれる国家資格です。

この資格があれば、オートバイを整備したり、修理したりすることができます。

買い取ったものの、そのままでは売り物にならないようなオートバイを、修理して販売したり、分解して使える部品だけ販売したりと、ビジネスの幅が広がります。

いいね~。

二輪自動車整備士の資格は、専門学校を卒業して試験に合格するか、整備工場などで実務経験をつんでから試験に合格するという流れで取ることができます。

金属くず商許可・金属くず行商届出

金属くず商許可と、金属くず行商届出は、金属くずを売り買いするために必要な許可、届出です。

金属くずは一般的にはガラクタにしか見えませんが、製鉄所などで鉄を作る材料に再利用されたりしていて、実は需要のあるものです。

この許可、届出があれば、例えば劣化がひどくて売り物にならないようなオートバイのパーツをスクラップして金属のかたまりとして売ることができます。

ただの金属もお金になるのね!

金属くず商許可は、自分のお店に持ち込まれた金属くずを売り買いするときに必要な許可。
金属くず行商届出は、お客様のもとに出向いて金属くずを売り買いするときに必要な届出です。

2つの許可、届出は、古物商許可のように書類をそろえて警察署で手続きして取ることができます。

金属くず商許可は、お店のある場所を管轄する警察署に。
金属くず行商届出は、金属くずを売り買いする人が住んでいる場所を管轄する警察署で手続きします。

古物商許可を取ってオートバイ商になる方法

古物商許可ってどうやって取るのかなぁ?

難しい試験とかあるのかなぁ?

古物商許可は、必要な書類をそろえて警察署で申請することで取ることができます。

このとき、必要な要件をクリアしていることを書類で証明しなければなりません。

自分で証明するの?書類は苦手…

自分で手続きするのが難しいと感じたら、行政書士という専門家にたのむ方法もあります。
行政書士は、オートバイ商になるための申請書類を、あなたの代わりにつくってくれます

「自動二輪車及び原動機付自転車」の品目を選んで申請!

申請に必要な書類の中に、古物商許可申請書という書類があります。

古物商許可申請書には、品目というものを選ぶ欄があります。

品目?

品目とは、古物商があつかう商品をジャンルごとに分けたもので、13種類あります。

あっ!冒頭で言ってたやつね!

オートバイ商になるための古物商許可の取り方を紹介しましょう。

参考のために、13種類の品目をすべて紹介します。
カッコ内に、それぞれの品目に当てはまるものの例も挙げます。

美術品類
(絵画、彫刻、工芸品、など)
衣類
(洋服、帽子、布団、など)
時計・宝飾品類
(時計、宝石、アクセサリー、など)
自動車
(自動車、自動車のタイヤ、カーナビ、など)
自動二輪車及び原動機付自転車 ←オートバイ商はコレを選んで申請
(オートバイ、オートバイのタイヤ、オートバイのミラー、など)
自転車類
(自転車、サドル、自転車のかご、など)
写真機類
(カメラ、望遠鏡、顕微鏡、など)
事務機器類
(コピー機、FAX、パソコン、など)
機械工具類
(工作機械、ゲーム機、電話機、など)
道具類
(家具、楽器、おもちゃ、など)
皮革・ゴム製品類
(靴、バッグ、毛皮、など)
書籍
(本、マンガ、参考書、など)
金券類
(商品券、乗車券、郵便切手、など)

古物商許可を取ってオートバイ商になる場合、『5、自動二輪車及び原動機付自転車』の品目を選んで申請します。

自動二輪車及び原動機付自転車には、オートバイや原付バイクの本体、そしてタイヤやミラーといったパーツが当てはまります。

品目はいくつ選んで申請してもかまいません。

例えば、『6、自転車類』もあわせて申請して、中古のオートバイと、中古の自転車の両方をあつかう古物商になることもできます。

ちなみに、自転車類の品目だけで申請した古物商は、自転車商といいます。

では、自動二輪車及び原動機付自転車と、自転車類の2つを選んで申請した古物商は、オートバイ商、自転車商のどちらでしょうか?

ん~、オートバイ&自転車商!

何よそれ。

古物商許可申請書には、品目を選ぶ欄の他に、メインであつかう品目を選ぶ欄があります。

この欄では、一つの品目しか選べません。

何種類かの中古品をあつかう中で、メインであつかいたい中古品が当てはまる品目を選びます。

この欄で、自動二輪車及び原動機付自転車を選べば、オートバイ商。
自転車類を選べば、自転車商となります。

いじわるな質問するなよ…。

古物商許可申請書などの必要な書類をすべてそろえたら、警察署に持っていきます。

警察署は、お店がある場所を管轄している警察署でなければなりません。

お店をかまえずに自宅でインターネットを使って営業するなら、自宅がお店ということになります。

警察署に持っていった書類は防犯係に出して申請します。

申請したら警察に審査されます。

審査は何分ぐらいかかるの~?

審査の期間は約40日です。

40日!?

結構、時間かかるね…

この40日間は何もしようがないので、気長に待ちましょう。

無事、審査に通れば古物商許可が与えられます。

古物商許可を取ると、古物商許可証という手帳のような証明をもらえます。

そんなのもらえるんだ。ちょっとカッコいいね!

古物商許可の申請は行政書士にたのめば簡単

古物商許可を取るのって簡単そうだね。

うん!書類を出すだけだもんね。

古物商許可を取る作業を、簡単そうだと思う人もいるでしょう。

実はそうでもないんです。

基本的には書類をそろえるだけなんですが、この書類が結構クセモノなんです。

例えば、『登記されていないことの証明書』など、普段なかかな使うことのないものがほとんどです。

登記されていないことの証明書?

聞いたことないねぇ~。

それに、必要な書類は、だれでも同じではありません。

やりたいビジネスや、申請する人の状況によって必要な書類は変わってくるので、自分には何が必要なのかを調べなくてはなりません。

そして、書類は役所で手に入れるものが多いので、働く人にとっては取りに行く時間をつくるだけでも大変です。

ちなみに、登記されていないことの証明書は、法務局で手に入れる書類です。

法務局?行ったことないよ。

どこにあるかも分かんない。

オートバイ商に興味を持ってこの記事を読んだあなた、古物商許可を取るのは面倒くさそうなのであきらめようとしてませんか?

心配いりません。
古物商許可を簡単に取る方法があります。

それは、行政書士にたのむという方法です。

行政書士は、行政に手続きする許可の申請を、代わりにやってくれる専門家です。

申請の準備からやってくれるので、どんな書類が必要かを判断、必要な書類を集める、集めた書類を警察署に持っていく、一連の作業をすべて代わりにやってくれます

たのんだ方がやることは印鑑を押すことぐらいです。
行政書士におまかせして、待っているだけで古物商許可が取れるんです。

ものすごく便利じゃん!

古物商許可を取るなら行政書士ね!

オートバイ商って何? まとめ

中古品を売り買いする商売を古物商といいます。

オートバイや原付バイク、そのパーツをあつかう古物商をオートバイ商といいます。

古物商になるには古物商許可が必要です。

オートバイ商になるには古物商許可の申請で、自動二輪車及び原動機付自転車の品目を選びます。

古物商許可の申請は行政書士にたのむと簡単にできて便利です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え




必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。