事務機器商って何?

この記事は専門家が監修しています

突然ですが、事務機器商という言葉をご存じですか?

事務機器商とは、中古のオフィス機器を転売してお金を稼いでいる個人や業者のことをいいます。

事務機器の転売なんて儲かるのか?と思う方もいるかもしれません。

ですが、事務機器の転売は利益率が高く、とても魅力のある転売ジャンルの1つです。

ただ、事務機器商をスタートするには、いくつか守らなければならないルールがあります。

今回は、事務機器商について詳しく説明をします。

事務機器商の意味

事務機器商というのは、中古のオフィス機器を転売して商売をしている個人や業者のことをいいます。

例えば、

  • 中古事務機器類を安く買い取って転売する
  • ジャンク品の中古オフィス機器を安く買い取って自分で修理して転売する
  • 中古のオフィス機器を安く買い取って有料でレンタルする

などが代表的なケースです。

あまり聞いたことないけど、事務機器商って儲かるの?

事務機器商は上手くやればかなり儲かる可能性のあるビジネスです。

事務機器は家庭用品と比べて単価が高く、1つ売れただけでも大きな利益率が期待できます。

特に取引相手が会社の場合は、大量購入の可能性が高いという特徴があります。

そのため、事務機器商は1度の取引で大きな収益をあげることができるビジネスなのです。

へぇ~、じゃあ僕もやってみようかな~

ただ、事務機器商を始めるには、「古物商許可」が必要なの。
その点について次で詳しく説明するわ

事務機器商を始めるには古物商許可が必要です

古物商許可とは

事務機器商をするには「古物商許可」が必要です。

古物商許可とは、中古品(古物)の転売ビジネスをするときに必要となる資格のことをいいます。

事務機器商も中古オフィス機器で転売ビジネスをするわけですから、古物商許可が必要なのです。

もし、許可を取らないまま事務機器商をしたらどうなっちゃうのかな?

無許可で転売ビジネスをした場合は、警察に逮捕されて処罰されるわ。
罰則は「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金」と、とっても重いから絶対に許可は取得するべきね

ネット取引でも個人でも古物商許可は必要です

事務機器商をするには古物商許可が必要です。

たまに、

ネット取引だったら古物商許可はいらないんじゃないの?

個人で転売するんだったら、わざわざ古物商許可なんて必要ない

などと勘違いしている方がいますが、それは誤解です。

中古品の転売ビジネスをするのであれば、古物商許可は絶対に必要です。

ネット取引かどうか、個人か法人か、取引の金額が大きいか小さいか、などは一切関係がありません。

勘違いして取引を続けると警察に逮捕され大変なことになるかもしれません。

気になる方は、最寄りの警察署や行政書士という専門家がいるので、相談をするとよいでしょう。

品目は「事務機器類」を選択

中古品の転売ビジネスには古物商許可が必要です。

ですが、この許可を取得すれば、何でも転売していいというわけではありません。

中古品(古物)は法律で13つの種類に分けられています。

この中から、自分で扱おうとする品目を選んで申請しなければならないのです。

申請しなかった品目については、古物商許可を取った後も、転売することはできません。

13の品目とは以下の通りです。

  • 美術品類
  • 衣類
  • 時計・宝飾品
  • 自動車
  • 自動二輪車及び原動機付自転車
  • 自転車類
  • 写真機類
  • 事務機器類
  • 機械工具類
  • 道具類
  • 皮革・ゴム製品類
  • 書籍
  • 金券類

事務機器商を始めるためには、「事務機器類」を選択して申請をします。

ちなみに、品目は複数申請することも可能です。

ですから、「事務機器類」と一緒に「道具類」や「衣類」なども申請すれば、総合リサイクルショップを開くことも可能です。

じゃあ、いっそのこと13つの品目全部を申請すればいいんじゃないの?

それはお勧めしないわ。
品目を増やすと許可を申請するときの審査が厳しくなるの。
だから、自分が本当に扱いたい品目だけを選んで申請するのが、簡単に許可を取るコツなのよ

許可の申請はプロに任せると安心

古物商許可の申請は自分ですることも可能です。

ですが、古物商許可の申請は、たくさんの書類が必要であったり、申請書の書き方が分かりにくかったりと、なかなか面倒です。

ですから、古物商許可の申請は、プロ(行政書士)に任せることをお勧めします。

行政書士に依頼をした場合、必要な手続きは全て代わりにやってくれるので、とっても簡単に許可を取ることが可能です。

面倒な手続きを全て丸投げにして、その間に事務機器商の準備をすることができるのです。

最近では、メールや電話の外にLINEでも依頼を受けてくれる行政書士もいるので、気になる方はチェックするとよいでしょう。

古物商許可を取得して「古物市場」を利用しましょう

事務機器商を始めるにあたって、古物商許可を取得するメリットは、警察に逮捕されないというだけではありません。

古物商許可を取得すれば「古物市場」を利用できるという大きなメリットがあるのです。

古物市場って何?

古物市場とは、プロの古物商だけが参加できる超優良な取引場のことをいいます。

事務機器商に限った話ではありませんが、転売ビジネスで最も大事なのは、優良な仕入先を見つけることです。

その点、古物市場では状態の良いオフィス機器が、びっくりするぐらいの安値で取引されています。

価格は他の一般のリサイクルショップなどとは比べ物になりません。

また、古物市場は定期的に開催されているので、安定的に商品を仕入れることが可能です。

古物市場を上手に利用することは、事務機器商として成功するための重要なポイントなのです。

事務機器商の注意点

まとまった初期費用が必要

事務機器商をスタートするにはある程度のまとまった資金が必要です。

在庫を仕入れる費用も大きいのですが、注意が必要なのは在庫の管理費用です。

オフィス機器は一般的にサイズが大きいものが多く、在庫を揃えようと思ったらある程度のスペースが必要となります。

そのため、他に部屋や倉庫を借りるなど、スペースを確保する必要があるのです。

場所にもよりますが、この費用が意外にバカになりません。

また、販売するにも場合によってはトラックなどが必要になることも考えられます。

しっかりとビジネスプランを立て、扱う商品や在庫の量を調節することが重要です。

検品や動作チェックが面倒

事務機器商をするには、商品の検品・動作チェックが重要です。

特に、プリンターやPCなどの精密機器の場合、しっかりチェックを行いましょう。

  • プリンターは鮮明に印刷されるか
  • 紙詰まりなどは発生しないか
  • PCはちゃんと起動するか
  • ネットワークにはちゃんと繋がるか

などのチェックをしっかりしておかないとクレームなどトラブルの原因になります。

事務機器商って何? まとめ

事務機器商とは、中古オフィス機器の転売を商売とする個人や法人のことをいいます。

事務機器商を始めるには古物商許可を取得しなければなりません。

この許可がないまま中古オフィス機器の転売ビジネスをすると警察に逮捕されます。

古物商許可の取得は、行政書士という専門家がいるので、依頼をすると簡単に許可を取ることが可能です。

気になる方は一度相談してみるとよいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)





必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。