古物商許可がないと中古品を販売したらダメ?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

いらない物をメルカリに出品しようと思ってるんだけど、ちょっと気になることがあるんだ。
中古品を売ったり買ったりするには、「古物商許可」が必要だっていう記事をネットで見かけたんだけど本当?

たしかに、中古品の売買には古物商許可が必要になるケースがある

え~、じゃあ僕も古物商許可を取らないとダメなのかな?

安心するんじゃ。古物商許可がなくても中古品の販売はできる。
ただ、「中古品の転売ビジネス」をするときは、古物商許可が必要だから注意が必要じゃぞ。

今回は、古物商許可と中古品の販売について詳しく説明をします。

古物商許可がなくても中古品の販売はできます

生活をしていると、まだ使えそうだけどいらない物って結構たくさん出てきますよね。

そういう時は、リサイクルショップに持って行ったり、ネットに出品をすれば、不用品の処分ができるうえにお金も貰えるので一石二鳥です。

ただ、中には

中古品の販売をするには古物商許可が必要なんじゃないか?

と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか?

ご安心ください。

中古品を販売するだけなら、古物商許可は必要ありません。

古物商許可は中古品の「転売ビジネス」をするときに必要となる資格です。

ですから、「転売ビジネス」にあたらなければ、中古品の販売に古物商許可は不要なのです。

例えば、

  • 不用品の中古自転車をリサイクルショップで売る
  • 友達からタダで貰った古着をメルカリに出品する
  • 親から相続した骨董品を古美術店に売る

などのケースでは、「転売ビジネス」にあたらないため、古物商許可は不要です。

じゃあ、僕みたいに家のいらなくなった物をメルカリに出品する場合も、古物商許可はいらないんだね

そういうことね

でも、なんでネットに「中古品の売買には古物商許可が必要」なんて書いてあったんだろう

最近は、古物商許可を利用した中古品の転売ビジネスが人気なんじゃ。古物商許可を取得する人の数も増え続けている。だから、多少間違った情報を伝えるネットの書き込みも珍しくないんじゃ

どうして、中古品の転売ビジネスが人気なの?

それは、単純に「儲かる」からじゃ

ネットを使えばお金をかけずに簡単に始められるし、商品知識さえあれば誰でも利益を出しやすいみたいね

ちょっと僕も中古品の転売ビジネス始めてみようかな・・・

その前に、古物商許可を取得してからね

古物商許可って名前は知ってるけど、どんな許可なのか全然知らないや

では、次からは古物商許可についてわかりやすく説明するぞ

古物商許可は中古品の転売ビジネスに必要な資格です

古物商許可とは、中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

転売ビジネスって具体的にどういうことをいうの?

中古品の転売ビジネスとは、具体的には「中古品を転売する目的で買い受ける(仕入れる)こと」をいいます。

例えば、

  • リサイクルショップで仕入れた雑貨をメルカリで転売する
  • 友人から買い取ったスニーカーを古着屋で転売する
  • ブックオフで仕入れた古本をヤフオクで転売する
  • リサイクルショップや古着屋を開業する

などのケースは、すべて「中古品の転売ビジネス」に当たります。

そのため、古物商許可がないとこれらの行為はすることができません。

古物商許可を取得しないで中古品の転売ビジネスをするとどうなるの?

古物商許可を取らずに中古品の転売ビジネスをすることを「無許可営業」といいます。

無許可営業をした場合、古物営業法違反として警察に逮捕され処罰されます。

その場合、「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」とかなり重い罰則を科せられるので注意が必要です。

でも、本当に逮捕されるの?こっそりやってればバレないんじゃない?

無許可営業は本当に逮捕されます。

実際に、オークションサイトの利用者が無許可でチケットなどの転売を繰り返したとして警察に逮捕され話題になりました。

他にも、無許可営業で警察に逮捕されたケースはたくさんあります。

最近では、ネットの利用者が積極的に無許可営業を探して警察に通報するケースも増えています。

「バレないからいいや」と考えて無許可営業を続けるのは非常に危険です。

中古品の転売ビジネスをするのであれば、必ず古物商許可を取得しましょう。

古物商許可の目的は?

そもそも、なんで中古品でビジネスをするのに、わざわざ許可なんて取らないといけないの?

それは、古物営業法の目的と深い関係があるんじゃ

古物営業法の目的は「盗品の流通防止」「盗品の早期発見」です。

泥棒が物を盗んだとき、これを誰かに売ってお金に換えるというケースが多くあります。

そのため、中古品の転売を許可制にして、警察がしっかり管理することで、泥棒が盗品を売りにくくしているのです。

古物商許可の取得は専門家に任せるべき

よ~し、じゃあ僕も古物商許可を取って中古品の転売ビジネスを始めるぞ~。
でも、許可ってどうやって取ればいいんだろう?

自分で申請書と必要書類を用意して、管轄の警察署で申請をするの。
でも、効率よく許可を取りたいんだったら、専門家に依頼することをおすすめするわ

古物商許可の申請は、専門家に代行を依頼するのがベストです。

なぜなら、古物商許可の申請手続きはとても面倒だからです。

手続きには、たくさんの書類が必要になりますが、ほとんどが役所で平日にしか手に入らないものばかりです。

そのため、サラリーマンの方であれば、何日も会社を休まなければなりません。

さらに、申請書や書類のチェックは厳しく、1つでもミスがあると申請は受け付けてもらえず、手続きはやり直しになってしまいます。

結果、たくさんの時間や手間を無駄にしてしまうかもしれません。

その点、専門家に依頼をすれば、手続きはすべて丸投げでかまいません。

必要な書類集めから、担当警察官との交渉まですべて代わりに行ってくれるのでとても便利です。

ここでいう専門家とは、古物商許可を専門に扱っている行政書士のことをいいます。

最近では、電話やメールだけでなく、LINEでも相談を受け付けている行政書士もいるので、気になる方は一度調べてみてはいかかでしょうか?

古物商許可がないと中古品を販売したらダメ? まとめ

古物商許可がなくても中古品の販売はできます。

古物商許可は、中古品の転売ビジネスをするときに必要となる資格です。

ですから、転売ビジネスにあたらなければ、古物商許可がなくても中古品販売はできるのです。

ですが、もし中古品の転売ビジネスをするのであれば、必ず古物商許可を取得しましょう。

なぜなら、無許可営業には「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」という重い罰則が科せられるからです。

古物商許可の取得は、自分で申請する方法と専門家に代行を依頼する方法があります。

あまり時間のない方や、面倒な手続きが苦手だという方は、専門家への依頼をおすすめします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え




必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。