店舗がなくてもせどりはできる?

この記事はトラスト行政書士事務所が監修しています

2020年4月1日古物営業法が全面改正されました。そのため記事の内容に一部古い情報がある場合があります。詳しくは【2020年4月1日全面施行】古物営業法が改正されましたをご覧ください。

物を安く買って、買ったときより高く売ることでお金を稼ぐ、せどりという商売があります。

せどりは、店舗がなくても行うことができます。

お店がないのに商売ができるの?

せどりは、誰でも簡単にできる商売なの。

せどりは、店舗がなくてもできる

せどりは、商売のひとつです。

商売には店舗がつきものというイメージがありますが、せどりは、店舗がなくてもできる商売です。

どうやってやるの?

ネットを使えばいいのよ。

せどりをやっている人は、主にインターネットを使って物を売り買いしています。

インターネット上には、いろいろなショッピングサイトがあります。

せどりによく使われているサイトは、Amazon、ヤフオク!、メルカリなどです。

そのようなショッピングサイトで、中古品や、セール品など、物を安く仕入れて、それをまたショッピングサイトで買ったときより高く売るのです。

インターネットを使って物を売り買いすれば、店舗を持つ必要がありません。

せどりを行っている人の多くはインターネットを使って、自宅に居ながらにして商売を行っています。

なるほど~。そんな風にやればいいのか~。

ちなみに、せどりは、必ずインターネットを使うとは限りません。

インターネットを使わずに、リサイクルショップで物を安く仕入れたり、インターネットで安く仕入れた物をリサイクルショップに高く売るといった方法もあります。

インターネットだけを使って行うせどりのことを、電脳せどりと呼ぶこともあります。

いろんなサービスを活用すれば、店舗がなくても商売ができるんだね。

「せどり」の語源

元々は、古本屋さんで、掘り出し物だと知らずに安く販売されている本を見つけて、その本を価値の分かる人に高値で売って、お金を稼ぐことを、せどりと言いました。

このとき本の背表紙を見て、掘り出し物を探したから『背取り』と呼ばれるようになりました。

今のせどりは、本に限らず、ありとあらゆる物で行われていますが、本以外でもせどりと呼びます。

中古品のせどりを始めるには古物商許可が必要

せどりは、店舗がなくてもできるけど、許可が必要になることがあるの。

許可?

せどりで、中古品を扱う場合、古物商許可という許可が必要になります。

古物商許可とは、中古品を転売目的で仕入れるために必要な許可のことです。

一般的には、リサイクルショップや骨董品店、中古ブランド店や金券ショップといった、中古品を扱うお店を開業するのに必要な許可として知られています。

そういうビジネスを始めるには許可が要るって、なんとなく聞いたことがあるよ。

古物商許可は、中古品のせどりを始めるときにも必要です。

せどりも、リサイクルショップなどと同じで、中古品を売るために仕入れるでしょ。

そうか、古物商許可は、中古品を転売目的で仕入れるための許可だったね。

店舗がなくてもせどりはできるが、営業所は必要

せどりは、店舗がなくてもできます。

ですが、古物商許可を取って、中古品のせどりを行う場合、営業所が必要になります。

営業所?

営業所がないと、古物商許可の申請はできません。

営業所とは、要は店舗のことなのですが、これは、一般的にイメージする店舗でなくても構いません。

自宅を営業所にすることもできます。

主にインターネットで取引をする、せどりを始めるときは、自宅を営業所として申請して、古物商許可を取ることがほとんどです。

自宅なら、誰でも持ってるだろうから問題ないね。

それが、どんな自宅でもOKではないの。

自宅を営業所とするとき、どんな自宅かが重要になります。

自宅が賃貸物件の場合、特に注意が必要です。

賃貸住宅を借りるとき、契約書の用途欄には大抵、『住居用』と書かれています。

これでは、物件を、”住むために借りている”という契約になります。

なので、自宅でせどりの営業を行うことは、契約違反と受け取られる可能性があります。

どう判断されるかは、申請する警察署によってまちまちです。

そうなの!?

このような場合、物件の大家さんやオーナーに、物件をせどりの営業に使うことを許してもらった上で、使用承諾書を書いてもらうことになります。

自宅が持ち家の場合でも、物件の所有者からの使用承諾書が必要になったり、物件の登記簿謄本が必要になることもあります。

また、自宅が分譲マンションの場合、持ち家と判断できそうですが、マンションの管理組合などからの使用承諾書が必要になることもあります。

新品のせどりに古物商許可は要らないが、仕入れには注意が必要

中古品のせどりを行うには、古物商許可が必要です。

ってことは、新品のせどりなら古物商許可は要らないの?

そうよ。

新品のせどりに、古物商許可は不要です。

新品のせどりは、基本的に、何も許可がなくてもできます。

扱う物によっては、別の許可が必要になる場合もあります。

新品のせどりは、許可なく始められるので、中古品のせどりよりも気軽に始められそうですが、実際に、新品に絞ってせどりを行うことは難しいです。

なんで~。

新品のせどりが難しい理由は、法律での新品のとらえ方が関わっています。

古物商許可の決まりをまとめた法律、古物営業法では、中古品のことを、こう定義しています。

使っていない物でも、一度、取引された物は中古品とする

どういうこと?

例えば、こぶ吉が家電量販店で新品のゲーム機を買って、箱も開けていない未使用の状態でヤフオク!で売ったとします。

このゲーム機は、一般的な感覚だと新品ですが、家電量販店から買った(取引した)時点で、古物営業法上は中古品とみなされます。

例えば、先ほどのヤフオク!に出品されたゲーム機を、せど美が転売目的で落札する場合、ゲーム機は古物営業法上は中古品なので、せど美は古物商許可が必要となります。

この中古品(古物)の定義を知らないと、インターネットで新品を仕入れているつもりでも、中古品を仕入れてしまう可能性があるのです。

インターネットでは、『新品』って表示されてても、法律上も新品とは限らないの。

先の例で、こぶ吉がゲーム機をヤフオク!に出品するとき、『新品』と説明して出品するでしょう。

もちろん、それは、ヤフオク!を利用する上で間違ったことではないのですが、古物営業法のことだけを考えれば間違いで、ゲーム機は中古品とみなされます。

表示が『新品』だからといって、必ずしも、古物営業法上も新品とは限らないのです。

普通の感覚だと新品だもんね。これは誰も中古品だとは思わないよ。

新品を確実に仕入れる方法は、小売店や問屋で直接買うしかありません。

ショッピングサイトだと、小売店や問屋のアカウントが出品した商品を買えば、新品を仕入れることができます。

個人がショッピングサイトに出品した(一般的な)新品は、よほど特殊な例でもない限り、古物営業法上は中古品です。

なので、ショッピングサイトで新品を仕入れたかったら、出品者の情報をきちんと確認しなくてはいけません。

出品者の情報は、ちょっと見ただけじゃ分からないこともあるから、気をつけてね。

ショッピングサイトでは、個人でも屋号を名乗ることができます。

なので、アカウント名を見ただけでは、個人か、小売店やメーカーなのか判別できないことがあるのです。

たしかに、せどりで新品だけを扱うのは難しそうだ…

古物商許可を取っていれば問題ないわ。

古物商許可を取っていれば、取引相手が個人なのか、お店なのか、わざわざ確認する必要はありません。

中古品でも新品でも、自由に仕入れることができます。

古物商許可を取るなら行政書士に頼むのがオススメ

中古品のせどりを始めるために古物商許可を取るなら、行政書士に頼むのがオススメです。

行政書士って、何でもやってくれるのよ。

行政書士に古物商許可の申請を頼むと、申請に必要な作業を、すべて代わりにやってくれます。

古物商許可の申請って、助けが要るほど難しいことなの?

古物商許可の申請には、たくさんの書類が必要になります。

書類は、役所に取りに行くものもあるので、自分で集めるとなると、平日の日中に時間をつくる必要があります。

また、先述した、使用承諾書など、申請する人がかかえる状況によって、必要になる書類も多いので、知識がないと、どんな書類が必要かを把握するだけでも大変なのです。

これはたしかに大変そうだ…行政書士にまかせた方がいいね!

店舗がなくてもせどりはできる? まとめ

せどりは、店舗がなくてもできます。

ただし、中古品のせどりを行う場合、古物商許可が必要になります。

せどりは、店舗がなくてもできますが、古物商許可を取って営業する場合、営業所が必要となります。

新品のせどりに古物商許可は不要です。

ショッピングサイトで新品を仕入れる場合、古物営業法上は中古品とみなされる商品もあるので、注意が必要です。

古物商許可の申請は、行政書士に頼むと簡単なので便利です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当サイトおすすめ 【取得率100%】古物商許可専門のトラスト行政書士事務所
https://kobutsudaikou.com/
古物商許可取得がネットで完結!トラストなら即日着手&古物営業に必要な特典付き(15,000円相当)

こちらは、これから許可を取得したい、取得すべきかどうか迷っている方向けの窓口です。
古物商許可の取得以外に関するご相談や、個別具体的なご質問にはご回答は致しかねます。
※ご質問はお一人様一つとさせて頂きます。

よくお問い合わせいただく内容について、以下記事でも詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

よくある質問と答え



必要書類や書類の記入方法に関するご質問は、当サイトにて詳しく解説しておりますので各記事をご覧ください。

※ 無料相談での回答によって生じる一切の損害につき、当所は責任を負いかねます。無料相談の回答(録音データ・メール・LINE等)を弊所に無断で転用することを固く禁じます。